クリエイターと読者をつなぐ「note」は、12月中旬から返金機能を追加。noteの有料記事を購入したユーザーは、24時間以内であれば原則返金が受けられるようになりました。

「返金機能」を追加する理由

noteは安心してコンテンツが流通する仕組みを整えるために、返金機能を追加しました。これまでは、クリエイターが個人で返金依頼に対応しており、一部ではクリエイター自信に対応の手間が発生、さらにはトラブルの原因にもなっていたといいます。

今回の返金機能の追加により、読者の未知の記事に対する不安感を軽減。いいコンテンツが買われやすい環境になります。

クリエイターは価値のある内容の記事を、これまで以上に自信をもって販売が可能に。さらに、今まで読者からの返金希望に個別対応していた時間を削減することが可能となりました。

このように安心してコンテンツが流通する仕組みを整えることが、返金機能の追加理由です。

結果的に今以上の収益の発生につながると考えていいるとのことです。

「返金機能」の概要

1.購入から24時間以内であれば、返金申請が可能

クリエイターが「返金申請を受け付ける」設定にしている「有料記事」のみ返金の対象になります。「有料マガジン」「定期購読マガジン」「サポート」は対象外になるとのことです。

2.読者からの「返金申請」は審査を経て購入金額の決済がキャンセル

「返金機能」の濫用を防ぐために、返金申請に対してnoteが一定の審査をしたうえで返金処理。返金申請を乱発するユーザーには、アカウント停止を含む厳正な処分を予定し、クリエイターも読者も共に安心して使っていける環境を整えるとしています。

3.クリエイターが有料記事を投稿する際に、返金の可否を設定する

「返金機能」が追加される前に投稿された有料記事は、返金できない設定です。返金の可否はクリエイター自身が設定できるようになっており、あとから「返金申請を受け付ける」設定への変更も可能です・