ログリーが投資会社「ログリー・インベストメント」の設立を決定

ログリー株式会社は会社分割を行い、投資事業を目的とする100%子会社「ログリー・インベストメント株式会社」を設立することを決定しました。効力発生日は12月2日です。

ログリーはネイティブ広告プラットフォーム「LOGLY lift」を軸として、ビッグデータを広告運用に活用した「運用型広告」に強みを持っています。ビッグデータの活用技術は、インターネット市場だけではなく様々な分野に応用され、生活にイノベーションをもたらす重要なテクノロジーであるとログリーは考えています。

今後はビッグデーター処理技術などのテクノロジー企業へ投資を行うとのことです。それにより、財務的な投資リターンの獲得やログリー社が持つテクノロジーとの連携や協業で既存事業の強化に務めます。さらに、新たな事業にも取り組むとのことです。

■子会社の概要

1)商         号:ログリー・インベストメント株式会社
2)役 員 構 成:代表取締役社長 岸本 雅久
3)所   在 地:東京都渋谷区道玄坂1-16-3 渋谷センタープレイス2F
4)設立予定日:2019年12月2日
5)事 業 内 容:企業への投資、投資事業組合の運営、M&A及び経営指導に関する事業、ベンチャーキャピタルに関する事業
6)資   本 金:1,000万円
7)株        主:ログリー株式会社 100%

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,431フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger