株式会社朝日新聞社は、The Breakthrough Company GOと連携し、社会課題解決型の新聞広告を企業と共に発信するサービス「BrandNews(ブランドニュース)」の提供を開始しました。

「ブランドニュース」は、朝日新聞社のジャーナリスティックな視点と、企業のブランディングや事業成長などを幅広く手掛けてきた広告クリエイターの視点を掛け合わせて新聞広告の制作を行うサービスです。新聞ならではの広告クリエイティブを開発し、企業が生み出すよいニュースを広く社会に届けていきます。なお、収益の一部は、出稿企業が姿勢を表明した社会課題の解決に着手している団体や活動に寄付します。

広告制作は、社会的メッセージの開発を得意とするGO所属クリエイターと提携クリエイターの9名が参画。「ジャーナリズム×広告クリエイティブ」というチーム編成によって、社会性の高い新聞広告を制作します。朝日新聞社からは、論説委員等を歴任してきた高橋万見子氏がプロジェクトに参画。2社が共同で出稿企業の対峙すべき社会課題を検討し、適切なテーマ設定のもと、企業姿勢を表明する広告クリエイティブを開発します。

GO代表取締役 兼 PR/Creative Director 三浦崇宏氏コメント

広告はいつの間にか、嫌われ者になってしまいました。
ターゲッティングや検索連動など、テクノロジーの進歩に目を奪われて、ちょっと押し付けがましいものになってしまったのも事実です。しかし、広告はただ、商品の情報を伝えるだけのものでは決してありません。広告は、企業の未来への意志、社会を良くしようという思いやその活動を、 広く世の中へ伝えるものでもあります。広告を通じて、企業の良い意志を社会に広く伝えることで、社会の課題解決に貢献できる。少なくとも、僕と、朝日新聞の皆様と、ここに集まったクリエイターたちは確信しています。そして、それは、あらゆる市場が成熟した今、企業にとって最高のマーケティング戦略でもある。広告には、新聞には、まだまだできることがたくさんある。ブランドニュース、このプロジェクトが作るこれからのニュースにご期待ください。

朝日新聞社 メディアディレクター 高橋万見子氏コメント

今日私たちが抱える地球規模の課題に、「これでOK」という単純な解があるわけではありません。様々な立場のステークホルダーがいることを意識し、誰に向けて何を訴えるのか、事実に向き合った記者が悩み考えて選んだ言葉と文章に、次々に流れ行くニュースとは異なる説得力が宿ります。新聞広告にも同じ力があるのではないでしょうか。「ともに考え、ともにつくる」という朝日新聞の理念をふまえ、気鋭のクリエイターたちとアイデアを共有しながら、社会課題解決に向けた新しい表現の形に挑戦したいと思います。

■The Breakthrough Company GO

電通・博報堂より独立した三浦崇宏氏と福本龍馬氏が設立。クリエイティビティを核に、大企業の新規事業立ち上げから事業成長のサポートまで手がけています。