早いものでもう年の瀬。皆様にとって2019年はどのような一年だったでしょうか? 2019年1月にオープンしたMedia Innovationも最初の一年を終えようとしています。これまで10回の特集企画、13回のイベントを開催し、多くのメディア業界のキーパーソンを取材してきました。12月特集は「メディア業界2020年の展望」という事でこれまで登場いただいた皆様にメッセージをいただきました。

2019年は週刊ダイヤモンド、Wired日本語版など日本のメディアでもサブスクリプションモデルへの挑戦が目立った一年でした。Zuoraは、世界的なサブスクリプションプラットフォームで、前述の週刊ダイヤモンドの「ダイヤモンド・プレミアム」もZuoraプラットフォームを利用していると言います。Zuora Japanの桑野順一郎社長に2019年の振り返りと2020年への展望を聞きました。

2019年はメディア業界にとってどのような年だったでしょうか?

国内メディア業界で本格的にサブスクリプションによる収益化が始まった年だと思います。既存のビジネスで成長を続ける事が難しい時代を迎え、新聞、出版社を始めとした企業において、デジタル化とサブスクリプションで直接顧客から収益化するという新たな流れが始まりました。2019年〜2020年は後に振り返った時に、国内メディア業界のサブスクリプション元年という位置付けになると思います。

これからのメディアに求められること、直面する課題はどういったことでしょうか?

広告収入、紙の販売数の減少に加えて、デジタル化や特に若い世代のニーズの変化により、今まで敵ではなかった企業との競争がますます激しくなることが予想されます。新聞、出版社などにおいても従来の競合だけではなく、ゲーム会社や動画配信企業とスマートフォンを介して時間の奪い合いという戦いが既に始まっています。そこで最も重要な事は “顧客と直接繋がり、その上で顧客ニーズを正しく理解する” という事であり、その手段として多くの企業がサブスクリプションを選択し取り組み始めています。

2020年に取り組みたいと考えていることはどういったことでしょうか?

国内では業種を問わず、ここ数年で多くのサブスクリプションサービスがスタートしている状況です。その中には正しくサブスクリプションを理解せずにサービス提供を行っている企業が多くあり、今後、撤退する企業が増えてくると思われます。私たちは、サブスクリプション化を推進し国内企業の競争力強化の支援をミッションに日々活動しており、その第一歩が「正しくサブスクリプションを理解する」事だと考え、今後もその活動を広げていく予定です。

読者の方にメッセージがあればお願いします。

サブスクリプションは単なる課金形態ではなく、新しいビジネスモデルです。顧客から直接収益化するモデルであり、従来の広告モデルとは違う、真の意味でのコンテンツの価値やジャーナリズムが求められます。

成功するためには、顧客と直接繋がることにより正しくニーズを理解し、価値を継続的に提供する「永遠のベータ版」という考え方による長期に渡るリレーションシップの構築を行う必要があります。顧客に満足してもらい続けることにより収益化が出来ると言う観点から、サブスクリプションは「顧客の幸せの上に成り立つ唯一のビジネスモデル」であると言うことが出来ます。

まずはこのポイントを理解することが肝要であり、1日も早く顧客と直接繋がり、その上で顧客のニーズを正しく理解し、多くの試行錯誤をすることが成功への近道だと思います。

サブスクリプションは月額課金とは違う、実現すべき本質的な姿とは?・・・Zuora Japan桑野順一郎社長

日本でもメディアのサブスクリプション化の流れがやってくる、Zuora CEOに聞くサブスク成功の秘訣