fbpx

「動画広告を不快に感じる」67.5%、テキスト広告や画像広告を上回る…動画&動画広告調査

会員限定記事

株式会社ジャストシステムは、ネットリサーチサービスのFastaskを利用して実施した「動画&動画広告 月次定点調査(2020年2月度)」の結果をMarketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)にて発表しました。調査対象は、17歳~69歳の男女1,100名です。

今年2月に動画広告を見かけた人を対象に、インターネット広告に対する印象を尋ねたところ、「動画広告に対して不快に感じることがある」と答えた人の割合は67.5%でした。

画像広告とテキスト広告を見ると、「画像(バナー広告)」63.6%、「テキスト広告」52.9%となっており、画像やテキストによる広告よりも、動画広告に対して不快に思う人が多い結果となりました。

次に、動画広告に対して不快に感じることがあると答えた人を対象に、不快に感じる理由を調査したところ、「コンテンツ視聴の邪魔をされる」(73.8%)が最多に。次いで「広告をスキップできないことがある」67.2%、「他のことをしている最中に突然表示される」42.6%となっています。

スマートフォンで動画を視聴する人を対象に、どういったときに視聴するのかを尋ねたところ、「自宅でのテレビ視聴時」42.0%が最も多くなりました。次いで「通勤や通学途中の電車内」25.7%、「自宅外での昼食中」21.0%となっています。「トイレの中」と回答した人も20.4%いました。

年代別に最も多かった回答を見ると、全年代で「自宅でのテレビ視聴時」がトップになりました。割合は10代46.8%、20代42.2%、30代41.7%、40代36.7%、50代42.9%、60代41.7%となっています。4割が「テレビを見ながら、スマートフォンでも動画を視聴する」という2つの動画を同時視聴するスタイルを行っていることがわかりました。

また、YouTubeで動画を視聴するYouTube利用者のうち、8.0%が自信を「YouTuber」と回答。そのうち、YouTubeで収入を「得ている」人は47.9%でした。また、自身は「YouTuber」であると回答した人のうち、YouTuber活動以外に「本業がある人」は50.0%、「ない人」は37.5%でした。

関連記事

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,124フォロワーフォロー

最新ニュース

お知らせ

メディア業界求人

編集【総合自動車ニュースメディア】※アルバイト

仕事内容 総合自動車ニュースメディア「レスポ...

Web広告営業(プロデューサー候補)

仕事内容 まずは当社が運営する各メディアのビ...