fbpx

Viibarの2019年度通期は約1.9億円の当期純損失

動画関連事業を行う株式会社Viibarは21日に官報に公示した、第7期(2019年1月~12月)の決算公告で、当期純損失が1億9784万円になったことを明らかにしています。

同社は企業向けの動画サービスとして動画広告、動画制作を手掛けるほか、メディア向けの動画制作とした「NHK 1.5ch」「NIKKEI STYLE」「Spolay」などを支援しているということです。また、動画等の制作管理ツール「Vync」をSaaSとして提供しています。

Viibarでは自社の動画メディアとして「bouncy」の運営も行ってきまとたが、2019年7月に朝日新聞社に売却しています。当時のプレスリリースでは「成長するBtoB動画領域に経営資源を集中し、さらなる成長加速のためのリソース強化や、新規事業等に積極的に投下していくことで、継続的な企業価値向上につなげていきたい」とコメントされていました。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事