fbpx

クラウドファンディング「CAMPFIRE」の2020年4月単月流通額が22億円と急成長

株式会社CAMPFIREが運営するクラウドファンディング「CAMPFIRE」の2020年4月単月流通額が22億円・支援者数22万人となり、サービス開始以降の累計流通額が200億円に到達しました。同社によると、国内購入型クラウドファンディングサービス史上最高記録を更新した2020年3月単月流通額10億円超から、昨月対比約2倍、昨年同月比約4倍となり、累計流通額も2011年6月のサービス開始から7年8ヶ月となる2019年2月に100億円に到達し、1年2ヶ月で200億円到達になったといいます。

2020年以降、 特定カテゴリーの強化、 自治体・商工会議所・NPO団体など様々なジャンルや セクターとのパートナー連携、 海外プロジェクトオーナー開拓等の強化等に重点的に取り組んだことと、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う外出自粛や消費減退によって、 飲食・音楽・美容・宿泊・製造などをはじめ経営に大幅な支障をきたした事業者支援を目的に2月末に開始した「新型コロナウイルスサポートプログラム」への申し込みが約2,900件、 資金調達を開始プロジェクトが850件、 支援者数は延べ15万人、 集まった支援総額は14.5億円と多くの事業者・支援者が集まり、 市場環境の変化が利用者急増に起因しています。

同社は、事業者側の来店促進が難しい状況、インバウンド需要の減退、サプライチェーンの寸断などを乗り越える資金需要に応える1つの手段としてクラウドファンディングを選択、 支援者側の「身近に困った事業者を助けたい・応援したい」という消費ニーズの拡大などが利用者が急増した要因として挙げられるとしています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

大人気のClubhouse、いま何が起きているのか?

新たなSNSが誕生し、今注目を集めています。まだ誕生から1年未満であるにも関わらず、すでに10億米ドルに値すると評価され、ベンチャーキャピタリストが投資に奔走しています。

ニュースに支払うプラットフォーム、慈雨ではなく新たな利権に過ぎない【Media Innovation Newsletter】2/28号

本誌でも再三お伝えしているように、オーストラリアで議論されていたプラットフォーマー(グーグルとフェイスブック)に対して、ニュース利用に対する対価の支払いについて交渉を義務付け、仲裁の仕組みも導入した「ニュースメディア交渉法」(News Media Barganing Code)が修正の上で可決される見通しとなりました。

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事