サイバーエージェント、広告配信効果を予測する効果予測AIを開発

株式会社サイバーエージェントは、AI事業本部において事前に広告配信効果を予測する効果予測AIを開発。AIを活用した革新的な政策プロセスで広告クリエイティブ制作し、広告効果が出たときのみクリエイティブ制作費を成功報酬とする「極予測AI(キワミヨソクエーアイ)」の提供を開始します。

「極予測AI」の開発・提供の背景

近年、デジタル広告において活用が進む運用型広告では、広告効果を維持するために短期間で多種多様かつ大量な広告クリエイティブの制作と迅速なクリエイティブ運用が必要とされています。さらに、既存の広告クリエイティブよりも広告効果の向上が期待できる「勝てる広告クリエイティブ」を高確率で作り出すことがますます期待されています。

しかし、効果を維持・向上するために必要なクリエイティブアイディアは属人的な能力に依存され、大量のアイディアを継続的に生み出し続けることは限界もあります。このような背景からサイバーエージェントは「極予測AI」を開発しました。

「極予測AI」の特徴

従来の効果予測AIは大量に制作された新規クリエイティブ同士で広告効果の予測値を競い、高スコアのバナーが企業に納品されてきました。

「極予測AI」は現在配信中で最も効果が出ている既存クリエイティブに対し新クリエイティブの効果予測を競わせます。そして、AIによる効果測定値が既存1位よりも上回った新クリエイティブのみを広告主に納品して、広告配信します。

先行テストでは「配信中で広告効果1位の既存クリエイティブ」に対する広告効果の勝率比較において、「通常の制作プロセス」によるクリエイティブの勝率と「極予測AIによる制作プロセス」によるクリエイティブの勝率を比較した際、「極予測AI」が「通常プロセス」の2.6倍という結果となりました。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事