プレゼントキャストが株式会社TVerへ社名を変更…資本増強、取締役人事も実施

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」を運営する株式会社プレゼントキャストは、在京民放5社に対する第三者割当増資を実施して資本金を増強するとともに、代表取締役の異動、株式会社TVer(英文表記 TVer INC.)への名称変更を実施します。

同社は、現在運営している事業の中でも特に放送局コンテンツの動画配信サービス事業に軸足を置き、その主体となって推進していくために、2020年6月30日の株主総会、取締役会での決議にて、第三者割当増資による資本金の増強、取締役人事、名称の変更を決定しました。

第三者割当増資は、日本テレビ放送網株式会社、株式会社テレビ朝日、株式会社東京放送ホールディングス、株式会社テレビ東京、株式会社フジ・メディア・ホールディングスの在京民放5社に対して実施。代表取締役会長は川島徳之氏(非常勤)、代表取締役社長は龍宝正峰氏を予定され、名称は、2020年7月1日より株式会社TVerへ変更します。

TVerは、2015年10月に在京民放5局でサービスを開始した民放公式テレビポータルです。2019年からはパソコン、スマートフォン・タブレットに加え、テレビ用アプリを使用したテレビ受像機での視聴にも一部対応。近年、ますます動画配信市場が拡大していることから、時間・場所・デバイスを問わないパーソナライズされた良質な視聴体験を提供するサービスとして利便性を拡大し、サービス規模の伸長を目指しています。

同社は、こうした進化をスピード感をもって推進するにあたり、資本増強による連携強化、わかりやすい社名への変更を決定。また、同社運営の「テレビドガッチ」などのサービスも継続して行っていきます。

2,772ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,392フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事