Amazon Music、ポッドキャストを提供開始…米国・英国・ドイツ・日本の顧客向けに

Amazon Musicは、日本、米国、英国、ドイツで、数百万のエピソードを揃えた音声コンテンツ、ポッドキャストをAmazon Musicの全サービスで配信を開始します。ラジオの人気トーク番組、ニュース、カルチャー、英会話などの人気のポッドキャストを追加料金無しでストリーミングおよびダウンロードが可能になり、Amazon Musicの利用者は、iOS、Android向けのAmazon Musicアプリ、Amazon EchoシリーズなどAlexa搭載デバイス、またはウェブプレイヤー からポッドキャストにアクセスすることができます。

今年1月、Amazon Musicの利用者が全世界で5,500万人に到達し、引き続き音楽への投資を続けています。今回、ポッドキャストの提供開始にあたり、Amazon Musicは、Amazon Musicアプリや音声サービスAlexaを介して、ポッドキャストのクリエイターを紹介することで、利用者の拡大を期待しています。

また、Amazon Musicは、ウィル・スミスやDJ キャレド、ベッキー・G、ダン・パトリックなどのクリエイターが司会を務めるAmazon Musicのオリジナルポッドキャスト番組を世界的に配信します。

Amazon Musicモバイルアプリ、ウェブプレイヤーのポッドキャストページでは、カテゴリ別の人気のポッドキャスト番組、おすすめのポッドキャスト番組などを編成して提供します。また、利用中のデバイス間で、停止したところから再生を続けることができます。例えば、ランニング中にモバイルで再生し、帰宅後にEchoデバイスにシームレスに移動して、途中から再生することができることが特徴です。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,403フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事