TwitterとFacebook、トランプ大統領のアカウント凍結を警告・・・議会乱入への扇動で

大統領選挙の結果を最終的に確認する選挙人投票の集計を前に、トランプ大統領が大規模な集会を開いて、支持者にこれを阻止するように呼びかけ、実際に多くの支持者が議会に乱入して集計が一時停止された問題で、TwitterとFacebookはこれを扇動する動画や投稿が規約に違反しているとして投稿を削除し、アカウント事態を一時停止し、永久停止もあり得ると警告しました。

Twitterは「ワシントンDCでの前例のない暴力的な事件を受け、私達は@realDonaldTrumpによって行われた重大なポリシー違反への対応として3つの投稿を削除しました」「削除時点から12時間、@realDonaldTrumpのアカウントはロックされます」「今後もポリシーに対する違反が繰り返されれば、永久にアカウントを停止する事もあり得ます」とコメント。

FacebookとInstagramも一連のトランプ大統領の投稿を削除する事を表明。

さらに議会襲撃を称賛し支持するもの、武器を持ち抗議活動を呼びかけるもの、画像や動画の投稿など議会への襲撃を呼びかけるものなど、トランプ大統領以外によって行われた投稿も含めて削除したとのこと。

また、選挙結果を覆そうとする投稿に対しては特別なラベルを付け「ジョー・バイデンが大統領に選出され、50州全てで結果が認定されました。米国には選挙後の政権交代を確実にするための法律、手続き、および確立された制度があります」と記載するとのこと。

フェイスブックは声明で「私達は今日の議会で行われた暴力に悄然としています。私達はこの事件を緊急事態として捉えています。私達の選挙オペレーションチームはジョージア州の上院選挙に向けて活動を行ってきましたが、引き続きプラットフォーム上の活動をリアルタイムで監視します」としています。

議会では支持者の突入で一時的に停止されていた集計が再開され、正式にジョー・バイデン氏が次期大統領に確定する見込み。またジョージア州で行われた上院選挙の決選投票では2名とも民主党が獲得し、上院は民主党と共和党が50人ずつの拮抗勢力となります。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,431フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事