fbpx

「鬼滅の刃」大ヒットで東宝が業績予想を上方修正…興行収入は336億円強で「千と千尋」抜く

東宝株式会社は、10月16日から公開している『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が異例の大ヒットを続けている事などを背景に、2021年2月期の業績予想を上方修正しました。ただし、新型コロナウイルス感染拡大の影響が大きく、前期と比べると利益面では半減しています。

東宝は映画の配給と、興行(TOHOシネマズ)が2つの大きな柱となっていますが、超拡大公開した「鬼滅」の大ヒットは両事業を大きく牽引。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は12月末時点で興行収入が336.6億円となり、316.8億円の『千と千尋の神隠し』を抜いて歴代一位となりました(興行通信社調べ)。その他の作品では『STAND BY ME ドラえもん2』が23.1億円、『罪の声』が12.1億円などでした。

昨年春の緊急事態宣言では全国の映画館や劇場で営業を休止したことから、前期と比較すると大幅な減収減益になる見込みですが、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の大ヒットもあり、事前の予想より好調に推移。売上高を1650億円→1860億円、営業利益を140億円→190億円、経常利益を155億円→210億円、当期純利益を90億円→140億円と大幅に上方修正しました。

新型コロナウイルスの対応としては10月3日から都心部で食事制限付ながら全座席の販売を再開。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開以降は週末やレディースデーでは全国的に全座席販売を実施し、平日は隔席販売に戻すなどの対応を実施。12月1日からはガイドライン変更に伴い、全館で通常営業(全座席販売、食事可)を再開しているとのこと。

1月7日には1都3県に対して再び緊急事態宣言が発出されていて、映画館や劇場に対して営業時間の短縮等の依頼がありましたが、今回は一部営業制限に留まるため、業績に対する影響は限定的ではないかとしています。ただし、今後も新型コロナウイルスが経済活動に与える影響は多く、来期以降まで一定程度の影響が残るのではないかと指摘しています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【12月8日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【12月24日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事