fbpx

DAC、「AudienceOne」でサードパーティクッキーに依存しない統合ID

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(以下、DAC)が、DMP「AudienceOne」において、サードパーティクッキーの代替として期待される統合IDの技術を確立しました。

統合IDを活用することにより、安定して持続的にデータを利活用できるマーケティング基盤を実現し、3rdパーティクッキーを利用せず、生活者のプライバシーに配慮しながら、デジタルマーケティングにおける広告主、媒体社、ソリューションベンダーの課題を解決していくとしています。

「AudienceOne」は、1億を超えるデバイスのIDなど膨大なデータを保有し、そのデータを解析して高精度な3rdパーティデータを生成/提供するデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)。

近年の情報セキュリティ/プライバシー保護への関心の高まりにより、ブラウザ提供企業が3rdパーティクッキーの段階的な利用制限を計画。それにより、3rdパーティクッキーを活用している多くの既存マーケティングソリューション(アドサーバー、DSP、SSP、 DMP、MA、CDPなど)の提供やデータ連携が困難になることが想定されており、3rdパーティクッキーの代わりにそれらをつなぐ統合IDへのニーズが高まっています。

そこでDACは「AudienceOne」やメッセージング管理ソリューション「DialogOne」などの開発で培った知見を活かし、さまざまな形のIDを統合ID化する技術を確立。統合IDの活用により、3rdパーティクッキーが利用出来なくなった際に想定される「広告配信時のターゲティング精度の悪化」や「広告効果計測の範囲が限定される」といった問題が回避可能になります。

その結果、オンライン上の生活者データ管理と各種ソリューションにおけるデータ利活用を両立し、引き続き、デジタル広告における費用対効果の追求、広告アトリビューション効果の可視化、広告出稿の成果計測、自社マーケティングデータのエンリッチ化、マーケティング環境のDX、といった取り組みが推進可能になるとのことです。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

関連記事