fbpx

エキサイトが持株会社に移行、新経営体制で早期の再上場を目指す

エキサイト株式会社が、親会社であるエキサイトホールディングス株式会社(旧XTech HP株式会社、以下:エキサイトHD)を純粋持株会社とする持株会社制に移行し、新たな役員を加えて新経営体制となったことを発表しました。

純粋持ち株会社へ移行

2018年10月、エキサイトHDがエキサイトの株式公開買い付けを行い、2020年8月にはエキサイトがiXITの株式を取得し、グループ会社化。2020年10月にエキサイトHDが商号変更して純粋持株会社へ移行、11月にエキサイトが保有するiXIT株式をエキサイトHDへ譲渡しました。

新経営体制

純粋持株会社へ移行するにあたり、エキサイトHDは、新経営体制の構築及び再上場を見据えた更なるガバナンス強化を目的として、経営陣を9名体制に変更し、社外取締役3名を構成員とする監査等委員会設置会社へ移行しました。

エキサイトでは、既存事業の更なる成長加速と将来の中核事業となる新規事業の創出に注力するため、2020年4月にメディア事業管掌の執行役員として、株式会社サイバーエージェントで事業開発や組織開発に従事した経験を持つ虎井省吾氏を迎えました。また2020年11月には、株式会社リクルートマーケティングパートナーズにて営業・経営企画・新規事業を経験後、XTech株式会社に入社し、買収先のエキサイトT&E株式会社の代表取締役に就任した宮崎貴士氏が新規事業管掌の執行役員として新たに就任しています。

エキサイトは、今後、新経営体制により早期の再上場を目指していくとのことです。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

関連記事