fbpx

フェイスブック、iOSアプリ上で独自の通知画面表示…パーソナライズド広告の利点を説明

米フェイスブックは米国時間2月1日にブログを更新しました。その中で、iOSの同社アプリ(Facebook、Instagram)上で、アップルの通知画面と同時に同社独自の通知画面を表示し、パーソナライズド広告についての追加情報を説明すると発表しました。米アップルは今春より、iOS向けアプリにてユーザーデータをトラッキングし、広告目的で使用することに関して新たにユーザーの同意を求めることを義務化する予定です。

フェイスブック独自の通知画面では、ユーザーがデータ利用に同意するか判断するための追加情報を表示します。具体的には、「パーソナライズド広告が、中小企業を助け、アプリを無料のままに保つこと」「同意した場合はアプリ上に表示される広告の内容は変わらず、拒否した場合はより関連性の低い広告が表示されること。」「同意した結果、フェイスブックが新たなデータを集めるわけではないこと。」を説明するとしています。なお、アップルはガイドラインの中で、このような追加の説明を表示することを許可しています。

また、フェイスブックは「アップルの通知画面は、パーソナライズド広告とプライバシー保護がトレードオフの関係にあると示唆しているが、私たちはどちらも提供可能ですし、実際に提供します。アップルはパーソナライズド広告の利点についてまったく説明していません。」とし、アップルを批判しています。(関連記事

世界的なプライバシー保護重視の流れの中でアップルが昨年発表した新たなルールについて、フェイスブックは以前から批判しつづけています。特に中小企業が苦しむことになると強調しており、「IDFA(=データトラッキングに使用する個別識別子)の使用が拒否された場合、広告収入が激減するため、中小企業はサブスクリプションやアプリ内課金に頼らざるをえなくなる。つまり、Appleは利益を上げ、多くの無料サービスは課金を開始するか、市場から撤退する必要がある。」としています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

関連記事