ぴあが運営する「PIA DMP」が PubMatic社のオーディエンスデータプラットフォーム「Audience Encore」へデータ連携開始

ぴあ株式会社は、同社が運営するプライベートDMPサービス「PIA DMP」において、セルサイド・プラットフォーム(SSP)を提供する米PubMatic社のプログラマティック広告でファーストパーティデータを利用可能にするソリューション「Audience Encore」との連携を開始すると発表しました。「Audience Encore」との連携は日本初とのことです。

「PIA DMP」は、音楽・スポーツ・レジャー業界等のコンテンツホルダーの広告・マーケティング戦略、プロモーション活動、協賛・事業パートナーの開発を支援する統合データマーケティングプラットフォームです。「チケットぴあ」会員・約1,750万人(2020年9月現在)の精緻なデモグラデータ、年間7,500万枚を超えるチケット購入データ・購入プロセスデータ、アーティスト・ジャンル嗜好データなど、ファンのリアル行動データ、位置データ、嗜好性データを格納しているとのことです。

また、メディア「ウレぴあ総研」「ぴあ 映画生活」などが蓄積した、嗜好性の高いオーディエンスデータや、パートナーのサービス・アプリなどから得られたオーディエンスデータを保有しており、各種サービスの利用企業社数は延べ600社を超えています。

PubMaticの「Audience Encore」は、昨年提供開始されたサービスで、Deal IDと呼ばれるIDを介して取引を行い、データと在庫を有効活用することを可能にするソリューションです。従来のオーディエンスデータの活用方法を抜本的に変革し、データ所有者にはマネタイズ機会の創出とDeal IDによる取引の効率化を、広告主には、ROIの向上をもたらすとしています。

今回、「PIA DMP」が保有するファーストパーティデータを「Audience Encore」に連携することで、セグメントされたユーザーへの広告配信や可視化が可能になるほか、バイヤーである広告主や広告代理店は、このセグメントを使うことで、PMP(プライベートマーケットプレイス)でDeal IDを通じたバイイングができるようになり、効率的な広告買い付けができるようになります。

現在、サードパーティクッキー規制の影響もあり、ファーストパーティデータ活用の注目度が高まっています。チケット販売事業等による膨大なファーストパーティデータを抱えるぴあが、Pubmaticとの連携でデータ活用による収益最大化を目指しています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事