デジタル広告の品質を認証する機関「JICDAQ」設立・・・3つの広告関連団体が共同で

公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会、一般社団法人 日本広告業協会、一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会の広告関係3団体は、 「一般社団法人 デジタル広告品質認証機構(通称: JICDAQ )」を設立し、東京・銀座に事務所を設置して2021年4月1日より事業を開始しました。

「JICDAQ」は、デジタル広告の品質を認証する機関で、専務理事3名は日本アドバタイザーズ協会、日本広告業協会、日本インタラクティブ広告協会の3団体から着任。デジタル広告の健全な発展に向け、デジタル広告の品質向上に取り組んでいく機関となります。

具体的には、デジタル広告関連事業者の「アドフラウドを含む無効トラフィックの除外」と「広告掲載先品質に伴うブランドセーフティの確保」に関わる業務プロセスの認証基準を制定し、それに沿った業務を適切に行っている事業者を認証、社名を公開します。

また、理念に賛同するアドバタイザーの社名も公開。アドバタイザーと広告業関係者が協働し、広告品質の向上を目指します。新たな領域での品質認証が必要となった場合は、品質認証を追加していく予定とのことです。

米英を拠点とするデジタル広告の認証機構 TAG(Trustworthy Accountability Group)との提携も実施。TAGによる海外での品質認証を受けた事業者に対し、JICDAQ認証を簡易なプロセスで受けられる仕組みも導入します。

取り組みには、すでに多数のアドバタイザーが賛同しており、社名を公開しています。今後、広告会社、プラットフォーム事業者、媒体社、メディアレップ、アドテクノロジー事業者などデジタル広告のエコシステムに関わる事業会社が登録し、認証を受けることを想定しており、この認証が広告市場のスタンダードとなり、健全な広告ビジネスが確保され、生活者にとっても有益な環境が整備されることを目指すとしています。

代表理事を務める、日本アドバタイザーズ協会 専務理事の鈴木信二氏は、以下のようにコメントしています。「デジタル広告はマーケティング活動に欠かせないものとなっており、更なる発展のためには広告の『質』を高めていくことが不可欠です。特に『アドフラウド(広告詐欺)』『ブランドセーフティ』は、放置できない、業界全体で取り組まなければいけないテーマです。皆様のJICDAQへの参加を、よろしくお願い申し上げます。」

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,401フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事