Voicyが音声コンテンツのプロデュース組織「Voice Contents Studio」を設立

株式会社Voicyは、企業によるインターネット配信に特化した音声コンテンツをトータルプロデュースする組織「Voice Contents Studio」を設立しました。

Voicyは、2016年にスタートしたボイスメディアで、審査を通過したパーソナリティによる音声コンテンツを配信するなど、クオリティにこだわった音声サービスです。世界的に音声サービスが急成長するなか、日本の音声コンテンツ市場を代表するサービスのひとつでしょう。

音声が注目されるなか、「本当の意味で音声の時代がくるためには、圧倒的に良いコンテンツをつくることが不可欠」とし、「Voice Contents Studio」が設立されたそうです。

音声の時代をより楽しく、より魅力的にするために、これまで長く愛され続けてきた音声の魅力に加え、データやVUX(Voice User Experience)、テクノロジーといった次世代のスパイスを混ぜ合わせ、音声の世界をアップデートしていくことを目指して活動する、としています。

Voice Contents Studioが提供するもの

「Voice Contents Studio」のサービスイメージ(「Voice Contents Studio」HPより)

「Voice Contents Studio」は、音声コンテンツの企画・制作、音声コンテンツの配信・拡散、データを活用した改善提案を行います。具体的には、音声メディア運営の経験と音声専門のパートナー会社とのリレーションを生かして最適な音声コンテンツをプロデュースすることに加え、様々なサービスやIoTデバイスへ横断的に配信。また、インターネット配信だからこそ取得できる聴取データを細かに分析し、より聞いてもらえる音声コンテンツに改善するサポートを行うとしています。

音声配信先サービスの例(「Voice Contents Studio」HPより)

成長する音声コンテンツを新たな情報発信の場として活用したい企業にとっては、Voicyが培ってきた知見や技術を基盤としたこのサービスは心強いものとなるでしょう。

2,772ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,391フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事