C Channelとショップチャンネルが業務提携…通販ライブ動画を共同で制作・配信

C Channel株式会社とジュピターショップチャンネル株式会社は、2021年4月16日に業務提携契約を締結し、ライブ動画で商品を販売するショッピングライブ事業を開始すると発表しました。

業務提携の目的

メディア運営に強みを持つC Channelは、テレビ通販のノウハウを多く持つショップチャンネルと業務提携することにより、今後、企業の利用意向がさらに高まると予想される「ライブコマース」での成功事例を作ることが可能になると考え、企業の販促プロモーション効果の最大化を目指します。

また、ショップチャンネルは、SNSを中心に国内最大規模でユーザーとの接点を持つC Channelと業務提携することで、新たなユーザー層へのショッピング体験を提供します。

両社は今後、C Channelが運営する日本最大規模の動画メディア「C CHANNEL」とママ向け動画メディア「mamatas(ママタス)」にて、インフルエンサーが本気・本音で商品をレビューし、販売するライブ動画を共同で制作・配信していくとしています。

具体的には、C Channelが運営する動画メディア内で、ショップチャンネルがテレビ通販ノウハウを活用したSNS向けライブ通販動画を配信。C Channelのインフルエンサーネットワークとショップチャンネルの商品調達、番組制作力を掛け合わせ、ビジネスシナジーを生み出すことを目指します。

2021年4月末には、テスト販売を開始。年内の取り組みを実施し、その後本格展開を予定しています。サービスの詳細については、改めて発表する予定とのことです。

C Channelとは

消費意欲が高く、トレンドに敏感な女性をメインユーザーに、国内最大級のフォロワー数を有する動画メディア「C CHANNEL」を運営しています。ママ向け動画メディア「mamatas」、働くキャリア女性向けメディア「newme」など幅広い女性向けメディアを展開をしながら、専属YouTuberやナノインフルエンサーのプラットフォーム「Lemon Square」といったインフルエンサーマーケティング、D2Cアパレル事業としてグループ会社が「神戸レタス」などと連携して行うオリジナルブランドやライブコマースも展開しています。

ショップチャンネルとは

テレビを中心としたダイレクトマーケティング事業を展開しています。生放送で商品を販売することを通じて蓄積してきたデータやノウハウが最大の強みです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,394フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

エスビージャパン、観光業界の活力向上を目指したWEB開発受託事業をスタート

観光業や地域ブランディングに特化した企画、情報発...

自分の個人情報に値段を付けるとしたらいくら?・・・米意識調査

SMSを用いたマーケティング手法を展開す...

スマートニュースの巨額調達、米国市場を獲りに行く【Media Innovation Newsletter】9/21号

ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュース株式会社が、シリーズFのラウンドで251億円の資金調達を実施。累計の調達額は443億円、時価総額は2100億円に達しました。巨額の調達は筆者も驚きだったのですが、主戦場として示された米国ではどのような反応だったのでしょうか? 探ってみました。

関連記事