日本経済新聞社、「NIKKEI脱炭素(カーボンZERO)プロジェクト」を始動・・・2050年までのカーボンニュートラルの実現を支援

日本経済新聞社が、2050年までのカーボンニュートラルの実現に向けて、「NIKKEI脱炭素(カーボンZERO)プロジェクト」を始動したことを発表しました。

2020年、臨時国会の所信表明演説において、菅内閣総理大臣は「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」ことを宣言。環境対策はもはや経済の制約ではなく、社会経済を変革し、産業構造の大転換と成長を促す機会ととらえ、国を挙げて様々な取り組みが行われています。

こうした背景の中、日本経済新聞社は本プロジェクトを開始し、NIKKEI脱炭素委員会を設立。NIKKEI脱炭素委員会円卓会議を定期的に開催することを決定しました。

委員会では、様々な課題について整理していくほか、ゼロカーボン社会の実現に貢献するイメージをもつ企業を選出する「脱炭素企業イメージ調査(仮称)」や、脱炭素に貢献する技術、活動、研究、書籍などのプロジェクトを支援するための「日経カーボンZERO賞(仮称)」についても検討するとのことです。議論した内容は、日経グループメディアや国際会議で発信される予定です。

その他、環境活動に興味・関心のある大学生や若手社会人を招いての意見交換会や、政府関係者、有識者、企業らと議論するシンポジウムの開催も計画されています。

協賛企業は、住友林業、三井住友海上火災保険、関西電力、サントリーホールディングス、大和証券グループ、日本ガイシ、三井不動産ほか。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,400フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事