大手が続々と新サービス発表、盛り上がる音声コンテンツ【Newsletter Daily Edition】4/22号

おはようございます、Media Innovationの多賀です。アップルのオンラインイベントが開催され、新型iMacや忘れ物防止タグなど新たな製品が発表され、話題になっています。アップルの発表会は、毎回プレゼン自体が非常に凝っていて、ワクワクさせられます。

「Media Innovation Newsletter Daily Edition」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。

4月22日の注目記事チェック

まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の注目記事をご紹介します。

ガーディアン、BBC、FT、NYT、WSJから、出版社がメディアイノベーションについて学べること (WNIP 英文)

世界の大手ニュースルームは、どのようにして業務を最適化しているのでしょうか。各パブリッシャーが公開している手法が紹介されています。AI、ディープラーニングによって記事や要約の作成を自動化しているところもあれば、ユーザーエクスペリエンス向上のためにWebサイトのデザインや興味関心の分析をひと工夫しているところもあります。業界大手の手法には、まさに「メディアイノベーション」のヒントが隠されています。

MERYがメディアをやめる? ファンとのコラボという全く新しいコミュニティへ (Forbes Japan)

多くのファンを抱える女性向けメディア「MERY」は、既存メディアのスタイルから双方向性のコミュニティメディアへリニューアルを行いました。情報発信の主体が企業から個人へと変わった時代に、ユーザーへ向けて一方的に情報発信を行うのではなく、ユーザーと一緒にコンセプトを実現していくという形で、ビジネスを展開していくようです。

Discordがマイクロソフトによる買収を固辞、独自に新規株式公開を目指す (TechCrunch)

アップルのATTポリシー変更が26日以降適用 (Apple公式HP)

4月22日のMIオススメ記事

ここからはMIに掲載された記事を紹介します。

フェイスブックが複数のオーディオサービスを発表・・・噂の音声ライブ機能やショートクリップ、ポッドキャスト連携など【会員限定】

かねてより噂されていたClubhouseクローンがフェイスブックから発表されました。さらに、新しいフォーマットである音声のショートクリップやポッドキャスト連携など、本気でオーディオ領域へ進出するようです。同社は既に膨大なユーザーを抱えているため、新サービスがはまれば強力な武器となるでしょう。

アップル、ポッドキャストの有料サブスクリプションを発表・・・5月から提供開始【会員限定】

こちらも今年の初頭から報道があったサービスです。アプリのリニューアルも予定されており、検索性やUXの向上の狙いがあります。スポティファイの有料サブスクリプション導入もあり、ポッドキャストの更なる盛り上がりが期待されます。

復活するKADOKAWA・・・高収益の源泉と、新社長・夏野氏の実力とは?【会員限定】

元NYT編集者やポッドキャスト企業創設者など3人が、新たな有料サブスクメディア企業を立ち上げるため資金調達【会員限定】

食品飲料メーカーの顧客獲得とファン化を支援する「DELISH KITCHEN CONNECT」が提供開始

IASが最新のアドベリフィケーション指標調査「メディアクオリティレポート」を発表、日本は各指標で世界最低レベル

◆ ◆ ◆

本日はここまでです。今日も一日頑張っていきましょう!

Media Innovation Guildに登録していただければ、「Media Innovation Newsletter Daily Edition」が毎朝メールボックスに届きます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,394フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

エスビージャパン、観光業界の活力向上を目指したWEB開発受託事業をスタート

観光業や地域ブランディングに特化した企画、情報発...

自分の個人情報に値段を付けるとしたらいくら?・・・米意識調査

SMSを用いたマーケティング手法を展開す...

スマートニュースの巨額調達、米国市場を獲りに行く【Media Innovation Newsletter】9/21号

ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュース株式会社が、シリーズFのラウンドで251億円の資金調達を実施。累計の調達額は443億円、時価総額は2100億円に達しました。巨額の調達は筆者も驚きだったのですが、主戦場として示された米国ではどのような反応だったのでしょうか? 探ってみました。

関連記事