グーグルによる新たな検索指標Core Web Vitalの現状調査・・・検索トップ20の4%しかGOOD要件満たさず

4月27日、デジタルマーケティングに関する分析会社SearchMetricsは、グーグルによる新たなWebサイトのSEO指標Core Web Vital(CWV)について、検索トップ20のサイトを対象にしたスコアリング調査の結果を報告しました。調査の結果、検索の順位付けへの利用予定にも関わらず、検索トップ20の96%がGOOD要件を満たしていないことが判明しました。さらには、グーグル公式のYouTube埋め込みリソースはCWVを悪化させることも分かり、今後スコアに関してテコ入れの可能性が指摘されています。

グーグルによる新たなWebサイト指標

グーグルが提案するCore Web Vital(CWV)は、Webサイトが高いユーザーエクスペリエンスを提供しているかを表す指標であり、同社の検索順位を決める指標として利用することが発表されています。既に指標の内容も公開されており、Chromeの拡張機能を利用して測定することも可能です。今年の6月中旬頃から段階的に適用されると伝えられています。

[MMS_Paywall]

CWVは、LCP(表示速度)、TBT(操作応答性)、CLS(視覚安定性)の3つから構成されています。LCPはページ上の最も大きい画像やテキストブロックが表示されるまでの時間で表され、2.5秒未満がGOOD、4.0秒以上がPOORという判定基準となっています。TBTはユーザーがページ上で入力を行えるまでの遅延時間で判定され、100ms未満がGOOD、300ms以上がPOORという基準になっています。CLSはページの描画中にコンテンツの視覚的なズレがどの程度起きているかで判定され、そのスコアが0.1未満でGOOD、0.25以上でPOORと判定されます。

検索トップ20のWebサイトのスコア

SearchMetricsは、CWVの導入へ不安や疑問を持つSEO・Web業界のために、グーグル検索トップ20から200万を超えるURLのCWVスコアを調査しました。対象の地域は米国、英国、ドイツですが、発表中の結果は米国のデータとなっているようです。

SearchMetricsの調査結果より

調査の結果、検索トップ20のWebページのうち96%が3つの項目全てでGOODと判定されず、裏を返すと4%しか全てGOOD判定になっていないことが分かりました。CWVが検索順位付けに利用されるにもかかわらず、検索トップのWebサイトがベストスコアではないということは、CWV適用後に検索順位が激変する可能性があると言えるでしょう。一方、トップ20の順位内においては、確かにCWVが相対的に高いWebサイトが上位に来ており、相対的に上手く機能していることも判明しました。CWVの3つの項目について、調査対象であるトップ20の平均を見てみますと、LCPは3.0秒、TBTは710ms。CLSは0.38となっており、LCPはまずまずとして、TBTとCLSは明らかに平均的にPOORと判定されてしまっているようです。

YouTube埋め込みリソースは悪化要因

SearchMetricsが調査を進めていく中で、グーグル公式のYouTube埋め込みリソースがCWVを悪化させていることも判明しました。多くのWebサイトはYouTube動画をページ上に表示させていますが、LCPとTBTが動画表示無しに比べて顕著に悪化するとのことです。具体的にYouTube動画無しの場合、LCPはトップ20で平均3.0秒から2.58秒に改善し、TBTは710msから275msまで改善すると報告されています。自社のプラットフォームを活用することでCWVが悪化することはグーグルにとって不都合であるため、正式に展開される前にYouTubeが有利になるよう何らかのテコ入れが入るのでは、と同社は考えているようです。

CWVに関するより詳細な調査結果はここから入手・閲覧することができます。どのようにすればCWVを改善できるかのアドバイスも記載されて

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事