インフォバーン新社長に田中準也氏が就任・・・インフォバーングループ役員人事

インフォバーングループ(株式会社インフォバーングループ本社、株式会社インフォバーン、株式会社メディアジーン)は5月10日、新たな役員人事を発表しました。

株式会社インフォバーンは、現取締役の田中 準也氏が代表取締役社長に就任したことを発表しました。現代表の今田 素子氏は株式会社インフォバーングループ本社及び株式会社メディアジーンの代表取締役CEOを継続するとのこと。また、これに伴い、現同社代表取締役CVO 小林 弘人氏は代表取締役会長(CVO)、取締役 井登 友一氏および城口 智義氏は取締役副社長に就任。新たに社外取締役として、小安 美和氏が就任するとのことです。

この人事について、「権限移譲を進め、変化する市場環境に迅速に対応し、企業価値の向上を図るため」としています。

■田中 準也氏プロフィール株式会社インフォバーン公式HPより)

総合広告代理店、鉄道系エージェンシー、IT企業、デジタルエージェンシーを経験した後、2015年インフォバーン入社。企業のマーケティング支援業務におけるアカウントプランニングを統括。マスからデジタルまで精通し、オンラインとオフラインを横断する総合的なコミュニケーションデザインが得意。近年ではスマートフォンデバイスアプリケーションのプロデュースから、Web番組企画などのエンターテインメント領域、B2Bサービスデザインまで幅広く手がけている。

その他、株式会社インフォバーングループ本社の現社外取締役である張 力牧氏、奥村 滋氏が任期満了により退任。株式会社メディアジーンの現取締役 城口 智義氏が退任し、引き続きインフォバーングループ本社執行役員およびインフォバーン取締役として業務執行するとのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,403フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【特集】データで見るNFTの現在地、10のチャートで知るトレンド

ブロックチェーンで唯一性が担保された資産であるN...

再び批判を受けるフェイスブック、コンテンツ判断の基準とは?【Media Innovation Newsletter】9/27号

四半期ごとにコンテンツの適切な取り扱いができているかを報告する透明性レポートを発表しているフェイスブックですが、その発表について批判を浴びています。

関連記事