フジテレビ、ネット上で番組販売が可能となるECシステムを導入・・・国内テレビ局初

株式会社フジテレビジョンが、海外ビジネス部門において、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進の一環となる番組販売EC(Eコマース)システムを、日本のテレビ局として初めて導入することを発表しました。

同社は、海外のテレビ局や映像配信プラットフォームと行っている番組販売ビジネスをIT化することを目的に、日本の放送局で初めてインターネット上で番組の下見から販売までができるシステムを開発。そのシステムを「JET」(ジェット: Japan Entertainment TV programs market)と名付け、運用を開始しました。

JETは、「人々がAmazonやZOZOTOWNで気軽に商品をチェックして購入できるように、世界中のバイヤーの皆様が自由にアクセスしてフジテレビの番組を購入できる、そんな新しい番販システムを作りたい」(フジテレビ コンテンツ事業部 海外ビジネス担当・東康之氏)という思いから開発されたサービスです。

世界中のバイヤーは、フジテレビのコンテンツのトレイラーを自由に下見し、欲しい作品を選択、期間や地域などを入力するだけで、番組の購入から素材の受け渡し、請求書の発行まで、全て本システムの中で行うことができます。言語は英語、中国語(簡体字)を標準装備し、日本語にも対応しているとのことです。

コンテンツとしては、全話放送が終了し海外番販が可能となった最新作品『監察医 朝顔』『ルパンの娘』を筆頭に、『教場』や『コンフィデンスマンJP』、かつてアジアでも大ブームを巻き起こした『東京ラブストーリー』や『ロングバケーション』、海外でもリメイクされている『白い巨塔』など、多くの名作を掲載。バイヤーは、それらの作品をドラマのジャンルや脚本家、監督といったキーワードから検索することができるといいます。

フジテレビは現在、株式会社フジ・メディア・ホールディングスのグループ会社である、株式会社フジクリエイティブコーポレーションと共同で海外へのセールスを実施。この「JET」の稼働により、海外のテレビ局やこの数年で急速に増加しているインターネット上の映像配信プラットフォーム事業者とのビジネスを強力に進めていきたいとしています。

今後は、2021年秋を目標に「セラーとして登録できる機能」を本システムに追加、日本の他のテレビ局やアニメ会社、制作会社などさまざまなコンテンツホルダーが、「JET」を使って世界中のバイヤーに向けて自らのコンテンツをセールスできるようにし、「JET」を「映像コンテンツの総合ビジネス・プラットフォーム」として運営していく予定とのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,403フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

【特集】データで見るNFTの現在地、10のチャートで知るトレンド

ブロックチェーンで唯一性が担保された資産であるN...

再び批判を受けるフェイスブック、コンテンツ判断の基準とは?【Media Innovation Newsletter】9/27号

四半期ごとにコンテンツの適切な取り扱いができているかを報告する透明性レポートを発表しているフェイスブックですが、その発表について批判を浴びています。

関連記事