漫画アプリ「ピッコマ」運営のカカオジャパン、約600億円の資金調達を実施・・・企業価値8000億円超えへ

電子マンガ・ノベルサービス「ピッコマ」を運営する株式会社カカオジャパンは、グローバル投資企業Anchor Equity Partners(Asia)Limitedを割当予定先として、第三者割当による新株式の発行によって資金調達を実施すると発表しました。

今回の資金調達により、Anchor Equity Partners (Asia) Limitedは合計約600億円を出資します。この資金は、グローバル展開も視野に入れた「ピッコマ」の事業拡大、事業ポートフォリオ拡充を目的としたコンテンツ事業への投資等へ充てる予定です。

2021年の日本国内でのコンテンツ企業への投資として、約600億円の出資は最大規模となり、調達完了予定の2021年6月末時点での同社企業価値は8,000億円を超える評価となります。

カカオジャパンは、今後も持続可能な「マンガを中心としたコンテンツの生態系」を作るため、市場全体の拡大・活性化を目指すとしています。

ピッコマとは

2016年にリリースされた、毎日待つだけでマンガやノベル作品を1作品につき1話を無料で読める電子マンガ・ノベルサービスです。2020年7月以降、国内のマンガアプリサービスでのセールスは、App Store(ブックカテゴリ)とGoogle Play(コミックカテゴリ)の合計で1位を獲得。グローバルでもセールス1位となっています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,403フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

【特集】データで見るNFTの現在地、10のチャートで知るトレンド

ブロックチェーンで唯一性が担保された資産であるN...

再び批判を受けるフェイスブック、コンテンツ判断の基準とは?【Media Innovation Newsletter】9/27号

四半期ごとにコンテンツの適切な取り扱いができているかを報告する透明性レポートを発表しているフェイスブックですが、その発表について批判を浴びています。

関連記事