Liver Bankとクリエイターニンジャが資本業務提携…YouTubeマーケティング効率化、クリエイター支援サービスを開発

株式会社ベクトルの子会社である株式会社Liver Bankは、クリエイターニンジャ株式会社と資本業務提携し、YouTubeマーケティングにてデータ分析に基づく効果最大化をはじめとしたサービスを開発・提供していくことで合意しました。

ライバーマネジメント事業、インフルエンサーマーケティング事業などを行うLiver Bankと、YouTuberに特化したデータベースプラットフォーム、ツールの開発・提供を行うクリエイターニンジャの提携は、企業のマーケティングでの新しく、有効的なYouTubeの活用と、クリエイターの継続的成長につながるマネタイズの仕組みを両立させていくことを目指したものです。

今回の資本業務提携では、Liver Bankのライブコマースの企画・運営ノウハウと、クリエイターニンジャが持つYouTubeに特化したデータベースプラットフォーム「TUBERS」を用いた効果分析力を活用し、データ分析に基づいたクリエイター活用コミュニケーションのプランニングやライブコミュニケーションの企画展開、企業とのコラボレーション商品開発の最適化を支援。企業のパフォーマンスに繋がるYouTubeマーケティングをサポートするとしています。

また、Liver Bankが持つマネタイズによる成長マネジメントノウハウ、クリエイターニンジャの「TUBERS」によるクリエイターの成長サポート分析力を掛け合わせ、クリエイターがYouTube市場で継続的に成長していける環境を提供。今後、活用するプラットフォームの多様化、クリエイターのプロジェクトに関わるメンバーの増加によって煩雑になる収益管理を改善するサービスや、クリエイター同士のマネタイズによる成長支援を行うサービスを共同で開発していく予定とのことです。

両社はYouTube市場に対応し、企業側の有効活用とクリエイターの成長をサポートすることに加え、YouTubeを活用したコミュニケーションの可能性を拡大させるべく事業を展開していくとしています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,403フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【特集】データで見るNFTの現在地、10のチャートで知るトレンド

ブロックチェーンで唯一性が担保された資産であるN...

再び批判を受けるフェイスブック、コンテンツ判断の基準とは?【Media Innovation Newsletter】9/27号

四半期ごとにコンテンツの適切な取り扱いができているかを報告する透明性レポートを発表しているフェイスブックですが、その発表について批判を浴びています。

関連記事