朝日新聞デジタル、有料会員向けの機能追加及び新コースを提供開始・・・10周年記念企画第二弾

株式会社朝日新聞社が運営するニュースサイト「朝日新聞デジタル」が、創刊10周年を記念した企画の第二弾として、有料会員向けの機能を追加したほか、新コースの提供を開始しました。また、従来コースの名称を変更しました。

有料会員限定の新機能として、お気に入りの連載をフォローすることで新着記事にすぐアクセスできる機能「連載フォロー」(アプリのみ)やニュースへのコメントを閲覧できる機能「コメントプラス」を追加。「コメントプラス」では、まず、取材経験豊かな記者たちがニュースを解説したり、別の視点を提供したりします。近く、社外の専門家もこれに加わる予定とのことです。

また、月額1,980円で記事を無制限に読める「スタンダードコース」を新設。コンテンツの閲覧本数に制限がなく、新機能の連載フォローなども利用できます。

今回、朝日新聞デジタルの全ての機能が使え、コンテンツが読み放題の「デジタルコース」が「プレミアムコース」に名称が変更されました。毎月の支払料金(月額3,800円)はそのままで、スタンダードコースのサービス内容に加えて、「紙面ビューアー」「提携プレミアム」「論座など関連サイトの閲覧」など従来のサービスも引き続き利用できるとのことです。

朝日新聞デジタル創刊10周年を記念し、特設ページも公開されています。

2,772ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,392フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事