Yahoo!ニュース、ユーザーが記事を評価できる「記事リアクションボタン」の提供を開始

ヤフー株式会社(Yahoo! JAPAN)が運営するインターネットニュース配信サービス「Yahoo!ニュース」は、ユーザーが配信記事にフィードバックできる「記事リアクションボタン」の提供を開始しました。

「記事リアクションボタン」は、媒体各社からの配信記事の内容に対し、ユーザーが3種類のボタンで評価できる機能です。ボタンの選択肢は、SNSで一般的に使われている「いいね」などではなく、「学びがある」「わかりやすい」「新しい視点」の3種類を採用。「有意義な内容である」「要点がまとまっておりわかりやすい」「新奇性や独自性がある」といったフィードバックを配信された記事に対してすることができます。

良質な記事に対し、具体的にリアクションしやすくすることを狙いとした機能です。「記事リアクションボタン」の提供は、「Yahoo!ニュース」PC版、スマートフォンブラウザー版で開始。「Yahoo!ニュース」アプリなどにも順次拡大していくようです。

今後、ボタンの押下傾向やユーザーの反応などを参考にしながら、2021年度内には記事の配信元である媒体各社への配信料の支払いに活用するなどして良質な記事の支援につなげていくほか、その後も、AIによる記事レコメンデーションなどへの活用を予定しているとのことです。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

関連記事