Twitter、グーグルのターゲティング技術「FLoC」と連携か

Twitterがグーグルの新たな広告ターゲティング技術「FLoC」の取り扱いを準備していることを、リバースエンジニアのJane Manchun Wong氏が発見し、話題を集めています。

Jane Manchun Wong氏は、FLoCの問題点を指摘するツイート(米電子フロンティア財団)を引用リツイートしつつ、画像を投稿している

同氏がツイートした画像を見ると、TwitterがFLoCのIDを読み取ろうとしているようです。

グーグルは、Chromeブラウザにおいて2023年後半までにサードパーティクッキーのサポートを終了することを表明していますが、その代替ソリューションであるプライバシーサンドボックスの中核を担うとされるのが「FLoC (Federated Learning of Cohorts)」です。FLoCでは、ブラウザでの閲覧履歴をもとにユーザーのCohorts(コホート:群れ)が作成され、ユーザー個人ではなくコホートに対してターゲティングが行われます。

しかし、FLoCについては世界各国でその正当性を疑う声が挙がっています。そもそも、「個人が特定されない」とはいえ、ユーザーの情報が収集されることに変わりはなく、プライバシーの侵害に悪用される可能性もあります。さらに、サードパーティクッキーが廃止され、グーグルが提示する代替手段を利用するということは、ユーザー情報をグーグルが独占することにも繋がります。これらの理由からFLoCに対する批判は続いており、FirefoxやOperaなどのブラウザ、WordpressやGitHubなどのプラットフォームがFLoCを採用しないことを表明していました。

世界的にはFLoCへの否定的な見方が根強い状況で、Twitterという巨大プラットフォームがFLoCを受け入れることになれば、他のプラットフォームの今後の動きにも影響を与えることでしょう。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,429フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事