高まるプライバシーへの関心、データ活用法の見直しが必要・・・レポート「Media Moments 2021」

メディア界のニュースや見解を紹介している「Media Voices」と「What’s New In Publishing」は、2021年のメディア業界の動向をまとめたレポート「Media Moments 2021」を発表しました。前回のメディアの信頼性に続き、今回はデータとプライバシー編についてご紹介しま…

メディア その他
【12月13日(水)開催】Media Innovation 2023年プチ忘年会開催します
<p>Photo by <a href=

メディア界のニュースや見解を紹介している「Media Voices」と「What’s New In Publishing」は、2021年のメディア業界の動向をまとめたレポート「Media Moments 2021」を発表しました。前回のメディアの信頼性に続き、今回はデータとプライバシー編についてご紹介します。

この数年間は、広告業界にとって最も大きな変革期であったとレポートでは述べられています。ますます厳しくなる個人情報保護規制と、プラットフォームからの様々なアクションの結果、ユーザーへのトラッキングが無くなりつつあります。今、パブリッシャーたちは、データの使い方を真剣に見直すことを余儀なくされています。

プラットフォームが力を発揮

アップルはユーザーのプライバシーに配慮し、9月にリリースされたiOS15では、ユーザーが自分のデータの使用方法をよりコントロールしやすくするための機能をいくつか導入しました。特に4月に実施されたアップデートでは、iPhoneユーザーに、広告ターゲティングの目的でアプリ間で追跡されることに同意するかどうかを尋ねるようにしました。

これに同意しているユーザーはわずか4%のようで、この動きにより、アップルの広告事業のシェアは半年で3倍になり、Facebook、YouTube、Twitter、Snapchatの広告収入は100億ドル近くになったとのことです。同社は現在、2021年に50億ドル、3年以内に年間200億ドルをデジタル広告から稼ぐと予測されており、アップルを世界第4位の広告事業者に押し上げています


《Kasumi Matsumoto》

関連タグ

特集