canow、地域通貨として使用できるスポーツチーム発行主体のファントークン発売

トークンを活用したデジタルマーケティング事業を展開するcanow株式会社は、スポーツチームが発行主体で地域通貨として使用できるファントークンを発売しました。

ファントークンは、スポーツチームや企業が発行主体となり、加盟店やECサイト等での商品購入の決済手段として使用できる地域通貨です。ファンマーケティングツール「YELLtum」を通じて発行されます。ファントークンを保有していると、地域通貨として活用できだけでなく、チームから加盟店の情報やお得なクーポン、チームのイベントに関する情報などを受け取ることが可能です。

今後、ファントークンを発行する「YELLtum」に新たな機能の実装を予定しており、本人同意のもとにファントークン所有者のパーソナルデータを利用できるサービスやデータ分析基盤の提供、ファンエンゲージメントを高めるチーム公式グッズ制作や公式コンテンツやクリエイティブ制作、ECサイト制作までをワンストップで提供するプラットフォームに向けて順次アップデートしていくとのことです。

「YELLtum」へ順次提供予定のサービス

ファントークン発行、加盟店での決済手段を提供する「エルpay」、ファントークン購入者の行動・購入データを集積し、分析できるデータベースを提供する「YELLTRON」、情報銀行サービス、パーソナルデータとインセンティブを価値交換する「YELL DataBank」、デジタルファンクラブ・ショップカードを提供する「YELLCA」、EC機能提供、商品開発・企画を行う「REICHTUM」、ファンディング機能「YELL Offering」を予定。

その他、公式ホームページやファンサイト、オウンドメディアの作成、公式グッズやコラボレーショングッズ、ノベルティの制作、XRやVRデジタル動画の制作、ECサイトの作成、EC機能の追加などを行います。

機能を順次アップデートしていくことにより、YELLtumを通じた地域でのファントークン流通量の増加やファンと地域の結びつきを強め、より多くの地域課題の解決につなげ、売上規模の拡大を目指すとしています。

これまでに YELLtum との提携を発表したサービス一覧
2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

関連記事