gumi、doublejump.tokyoと共同でNFTコンテンツ販売を開始・・・第一弾としてNFTアートを発売へ

デジタルコンテンツ制作・提供を手掛ける株式会社gumi(以下:gumi)は、12日、投資先であるdoublejump.tokyo株式会社(以下:doublejump)とともにNFTコンテンツの販売を開始することを発表しました。第一弾として、gumiの子会社である株式会社エイリムが手掛けるモバイルオンラインゲーム『ブレフロ』のドット絵技術を転用したドット絵アート『The Brave Dotz』を、7月13日(火)よりオークションにて販売開始します。

gumiはこれまでもブロックチェーン領域においてdoublejumpとの協業や投資を行ってきましたが、2021年初頭よりデジタル上で所有や数量限定性を証明できるテクノロジー「NFT(非代替性トークン)」と呼ばれるテクノロジーが台頭していることを受け、共同でこの分野に乗り出し、コンテンツの販売を開始します。

gumiが有する国内外IPホルダーとのネットワークおよびコンテンツ企画力と、ブロックチェーンゲームを保有するdoublejumpのNFTマーケットや技術に関する知見を掛け合わせ、gumiにとっては新たな市場となるNFTマーケットにおいて良質なコンテンツの企画・販売を推し進めたい考えです。

今回販売される”The Brave Dotz”は、『ブレフロ』に登場するキャラクターのドット絵で構成されるアートです。モチーフには、『ブレフロ』シリーズを代表するキャラクター ”六英雄” を採用しています。

販売されるNFTアートの一つ「The Brave Dotz ~Fire~」のサンプル画像(gumiの発表より)

今回のNFT販売は、イングリッシュオークション形式を予定。
販売数:6点(六英雄のアートそれぞれ1点ずつ)
特設サイト:https://pixel-art-team.a-lim.co.jp/
オークション開始時間:2021年7月13日(火)19時(日本時間)
オークション終了時間:2021年7月16日(金)23時(日本時間)
オークションサイト:https://opensea.io/collection/alimpixelartteam

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事