スマートニュースがDoubleVerifyと連携・・・広告の品質と安全性の検証を強化

スマートニュース株式会社は、デジタルメディアの測定・データ・分析のためのソフトウェアプラットフォーム企業DoubleVerifyとの連携を開始することを発表しました。

今回の連携を通じて、同社の広告サービス「SmartNews Ads」で、広告のビューアブル(視認可能)率やアドフラウド(不正閲覧・不正クリック)率、ブランドセーフティなどのアドベリフィケーション計測を強化し、広告主により正確な広告効果の検証を可能にするとしています。

インターネット広告費において、故意にインプレッションやクリックを発生させ不正に広告収入を得るアドフラウドや、広告として無効なトラフィックであるInvaild Trafficといった適切な広告配信を妨げる行為が広く行われ、広告主側に多くの損失が発生し、広告出稿のROIの低下を招く事態になっていると同社は指摘。

スマートニュースでは早期からアドベリフィケーションの重要性にフォーカスし、安全性確保への取り組みを実施しています。特徴として、アドフラウドに強いとされるアプリのみでサービスを展開し、IAB/MRC基準に準拠したビューアブルインプレッションを採用。画面の表示エリアに近くまで広告を描写しない、視認性を担保する機能を実装しています。

さらに、「コンテンツ規約」「コンテンツポリシー」を定め、それを満たす3,000媒体以上から提供される信頼性の高い情報を配信しているためブランドセーフティも担保されているとしています。2019年にはIAB Tech Labが提供するOpen Measurment SDKに対応し、Compliant Partnerに認定されています。

今回の連携を受け、SmartNews Adsのビューアブル率の計測では、ディスプレイでのビューアブル率が91%となり、同社のアドベリフィケーションにおける特性が、日本、Asia Pacificでのビューアブル率の平均値を大幅に上回ったことに繋がったと考えられるとのことです。

今回DoubleVerifyとの計測連携により、グローバル水準の解析力を持つDoubleVerifyによるアドフラウドおよびブランドセーフティの透明性が担保された環境でさらに安全にSmartNews Adsを利用できるようになります。

広告主はDoubleVerifyと契約していれば、SmartNews Adsのバナー広告(静止画広告)における「ビューアビリティ」や「アドフラウド」「ブランドセーフティ」「ジオターゲティング」といった広告品質指標レポートがDoubleVerifyから提供されます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

グノシーの第1四半期業績、再成長に向けた広告費増加で減益

株式会社Gunosyが13日に発表した2022年...

OutNow、読者と直接つながるニュースレター配信サービス「theLetter」を正式ローンチ

様々なインターネットサービスを提供する株式会社O...

ロイター研が気候変動ジャーナリズムプロジェクトを発足

現地時間12日、英オックスフォード大学ロ...

メディアの連携で調査報道、寄付モデルに繋げる米地方紙【Media Innovation Newsletter】10/18号

地方紙が苦境にあるのは世界共通ですが、1803年創刊の米国サウスカロライナ州にあるポスト・アンド・クーリエ(Post and Courier)は低迷する広告収入を補うため、支出の1/4を寄付によって賄うという計画を立て、順調に推移しているそうです。
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事