「TikTok」がチケット制のTikTok LIVEを実施できる新機能を搭載

ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、TikTok LIVE(ティックトック ライブ)の新たな機能として「TikTok Gated LIVE」を発表しました。

モバイル向けのショートムービープラットフォームの「TikTok」は、今回ライブストリーミング機能「TikTok LIVE」に、新たな機能として「TikTok Gated LIVE」を搭載しました。

「TikTok Gated LIVE」は、配信者がより高品質なTikTok LIVEの配信をしたり、TikTok LIVEの新たなファンを獲得したり、販促に活用したりすることに活用できるチケット制のTikTok LIVEが実施できる新機能です。チケット販売サイトなどを通じて、事前に発行したシリアルコードを有料販売したり、キャンペーンでファンへ配布したりすることができます。配信者にとって適した方法で事前配布することが可能です。

シリアルコード発行の対象は、TikTokと「TikTok Gated LIVE」事前契約を行ったパートナー。シリアルコードを有効化する際は、TikTokへの連絡が必要となり、無料でコードが有効化されます。TikTok Gated LIVEの実施時は、事前にTikTok担当者に連絡することになります。

「TikTok LIVE Gated」視聴方法

デスクトップでの視聴
事前にコードを取得し、指定TikTok LIVEルームへアクセスします。LIVEと表記されているプロフィールアイコンをクリックし、シリアルコードを入力すると視聴することができます。

TikTokアプリでの視聴
TikTok LIVEルームへアクセスし、LIVE表記のあるプロフィールアイコンをクリックします。その後、シリアルコードを入力すると視聴することができます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,398フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事