トレンダーズ、小説家とイラストレーターのマッチングプラットフォーム「たいあっぷ」を提供開始

マーケティング事業を展開するトレンダーズ株式会社が、小説家とイラストレーターがオンラインで繋がることで共同での創作活動を可能とするマッチングプラットフォーム「たいあっぷ」の正式版の提供を開始しました。

インターネットやSNSの普及に伴い、主にオンラインで活動する小説家やイラストレーターが急増。そこから生まれた作品を原作とした書籍や漫画、アニメが幅広い人気を集めています。その一方で、作品が書籍化されるまでのハードルは高く、そこから収益を得られるのはごく一部のクリエイターに留まっているのが現状です。

このような背景を踏まえトレンダーズは、強みであるインフルエンサープロデュースやSNSマーケティングのノウハウを活かし、小説家とイラストレーターがオンラインで出会い、共同での創作活動および書籍化を可能にするマッチングプラットフォーム「たいあっぷ」の正式版の提供を開始しました。

同社はこれにより個人の表現力と発信力を最大限に引き出し、日本が誇るライトノベルの文化を世界に発信、クリエイターをより「夢ある職業」へと導くことを目指すといいます。

■「たいあっぷ」の主な機能

  • 作品(小説やイラスト)をクリエイター自身のポートフォリオとして登録
  • 他のクリエイターが登録した作品を閲覧して相手に「たいあっぷ申請」を送ることができ、受理されるとたいあっぷが成立
  • たいあっぷが成立した後の共作作業を支えるチャットや共有メモ、キャラクターリストなどの「サポート機能」も充実

そのほか、縦書き横スクロールで挿絵を透し絵にできるユニークなUXの提供や、無料ながらKindle等の電子書籍と同等のクオリティを実現。

今後、さらなるユーザビリティの向上と発信強化を目指し、コミュニティ機能やリコメンド機能の搭載を予定しているとのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,394フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事