DACと日本IBM、Arc XPの国内展開で協業開始…通信・メディア業界のDXを推進

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)と日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、基幹業務管理向けソリューション「Arc XP」の国内展開にて協業を開始することで8月12日に合意しました。

「Arc XP」は、米国ワシントン・ポスト社(WP)が企業のデジタル資産を一元管理することを目的に開発したDX推進のSaaS型プラットフォームです。日本市場でのWP独占パートナーとして導入を推進しているDACは今回、通信・メディア業界のDXを推進するため、日本IBMとの協業の開始に合意しました。

企業のDXが急速に進む中、新聞・テレビ・出版などのメディア業界は、デジタルシフトが課題になっています。両社は「Arc XP」を導入する主にメディア業界の企業に対し、コンサルティングからシステム開発、既存システムとの連携や既存アセットの移行、ワークフローの整備、チェンジマネジメント、運用サポートまでスムーズかつワンストップで提供します。

日本IBMは協業により、コンサルタントの知見や豊富なシステム構築のノウハウ、技術力を活かし、「Arc XP」導入をサポートします。特にメディア業界に対して、既存システムとの連携や既存アセットの移行、ワークフローの整備、チェンジマネジメント、運用サポートなどを行う予定とのことです。

両社は今後、「Arc XP」が提供する価値をインテグレーションパートナーとして両社で共有し、デジタルコンテンツの作成・配信の高速化、既存業務プロセスを改革。ユーザーとともにデジタル変革を推進していきます。

「Arc XP」とは

基幹業務管理向けソリューションとして開発されたDX推進のSaaS型プラットフォームです。時間や場所を問わず、媒体社が必要とする記事の作成から写真や映像などのコンテンツ管理、校正や校閲を含む作業スケジュール管理までの業務の一括管理をクラウド上で行うことができます。

媒体社は「Arc XP」の導入により、紙面とデジタルの連携を高度化するとともに、広告やサブスクリプションなどユーザーに合わせたフレキシブルな収益モデルの構築が可能です。その他、企業のDX化に向けた多彩な機能を搭載しています。

2,772ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,389フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事