GMOアダム、NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版の提供を開始・・・現時点で1,192点のデジタルコンテンツを販売

GMOインターネットグループGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社であるGMOアダム株式会社が、NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版の提供を開始したと発表しました。

NFT(Non-Fungible Token)とは非代替性トークンのこと。ブロックチェーン技術を用いてデジタルコンテンツをはじめとするモノを保有する権利を証明するほか、移転追跡可能なプログラムを活用してクリエイター及び保有者が二次流通以降の収益を得られる仕組みです。ゲームにおけるキャラクターやアイテム、美術品等のデジタルコンテンツ、不動産や金融などの分野でも利用が開始され、注目が高まっています。

「Adam byGMO」は、真正性と安全性の高いデジタルコンテンツの決済・流通を実現する、NFT出品・購入のためのプラットフォームです。イーサリアムによる決済のほか、口座振り込みやクレジットカード払いなど、多様な決済手段に対応。また、作品を購入すると、NFTコンテンツの作者であるクリエイターにロイヤリティが還元される仕組みとなっていることから、クリエイターのファンは「Adam byGMO」で作品購入を行うことで、応援するクリエイターの支援が可能になります。

■「Adam byGMO」の特徴

  • NFT売買で一般的に利用されるイーサリアムによる決済のほか、クレジットカード・銀行振込による決済が可能。日本円にも対応しています。
  • 購入したNFTの二次販売も可能。クリエイターにロイヤリティを還元。
  • 「Adam byGMO」で購入したNFTコンテンツの保有者のみが視聴できる保有者限定コンテンツも提供

今後、一般のアーティストだけでなく、より幅広い方が出品可能な正式版を目指すとともに、「Adam byGMO」で購入したNFTを外部NFTマーケットプレイスへ出庫する機能や外部マーケットプレイスで購入したNFTを「Adam byGMO」へ入庫する機能を追加し、英語・中国語(簡体字)でも対応できるようにする予定といいます。

現時点で、立ち技格闘技・K-1やYouTuber・ヒカルさんのコンテンツのほか、計36名の漫画家・イラストレーターによる作品等、デジタルコンテンツ計1,192点の出品・販売が行われているとのことです。

■立ち技格闘技「K-1 WORLD GP(ケイワンワールドグランプリ)」:世界最高峰の立ち技格闘技「K-1 WORLD GP」で繰り広げられる激闘の中から選りすぐりの名場面・名勝負を集めたオリジナルコンテンツを配信
2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,404フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

Z Venture Capital、日本製ヘッドレスCMSを提供するmicroCMSに出資

Zホールディングス株式会社のコーポレートベンチャ...

関連記事