博報堂DYホールディングスとバイドゥ、日中クロスボーダービジネス支援ソリューションの提供を開始

株式会社博報堂DYホールディングスの研究開発部門マーケティング・テクノロジー・センター(MTC)は、バイドゥ株式会社と博報堂DYグループのデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)と共同で、日中クロスボーダービジネス支援ソリューション「HDYxBaidu(バイドゥ) Data Marketing Next」の提供を開始することを発表しました。

「HDYxBaidu Data Marketing Next」は、越境ECビジネス・中国現地でのビジネスに挑戦する日本企業・団体に向けたフルファネル型マーケティング対応のソリューションです。MTCのマーケティング・テクノロジーに関するソリューション開発力と、バイドゥの中国本社が保有するビッグデータ(Baidu Big Data)、DACの中国デジタルマーケティングのノウハウを掛け合わせ、日本企業の日中越境ECや現地ビジネスをサポートします。

博報堂DYグループ独自のマーケティング手法により、Baidu Big Dataを活用し、Baidu内外の接点での潜在顧客への効率的なアプローチから体験設計、体験後の絆づくりまでを一気通貫で支援するとのことです。

MTCがバイドゥとの共同研究により開発を主導し、DACとその子会社で中国北京に拠点をおく北京迪愛慈広告有限公司(北京DAC)が日中一体体制の運営を行うため、他社にはない独自のデータ分析とリサーチによる精密な広告プラニングが可能。日中両国にまたがって、クライアントの越境ECビジネス、現地ビジネスを支援するとしています。

HDYxBaidu Data Marketing Nextの特徴

博報堂DYグループ日中一体で、日中クロスボーダービジネスに挑戦する日系広告主のマーケティングを支援する体制を構築。博報堂DYグループの中国拠点ネットワークに加え、DAC、北京DAC、MTCが三位一体で連携します。

日本では博報堂DYグループのみが利用できる「Baidu Omni Marketing」を使用し、市場・競合環境分析、潜在・顕在顧客分析、マーケティング戦略策定から、定めた戦略ターゲットへのIDベースでの効率的なアプローチ(広告配信)、効果検証、次の戦略提案までサポートします。

Baidu Big Dataを応用した博報堂DYグループ独自手法により、マーケティング戦略策定、効果検証、体験設計を支援します。

バイドゥ内部ランディングページ作成ツール「基木魚(ジームーユー)」を応用した顧客接点、体験開発を実施。「基木魚」をBaidu Data Marketingに組み合わせ、スムーズなバイドゥ内動線でのブランド体験を促進し、基木魚コンテンツ反応者の分析を通じた動線・体験設計の改善までをサポートします。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,402フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事