ニュースキュレーションサービスはパブリッシャーのためになるか?【Media Innovation Newsletter】9/15号

おはようございます、Media Innovationの多賀です。米企業が「ホラー映画心拍数アナリスト」なる仕事を募集中とのこと。制作費と怖さの相関を調べるため、10日間で13本のホラー映画を見て心拍数を計測する、という内容で、1300ドル(約14万円)の報酬が用意されているそうです。参加はしたくありませんが、結果は非常に気になります。

「Media Innovation Newsletter Daily Edition」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。

9月15日の注目記事チェック

まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の注目記事をご紹介します。

小規模パブリッシャーにとってDXの道のりは長い それでも「離陸」する必要がある (Local News Initiative 英文)

大手パブリッシャーは積極的にデジタル化を進めており、「デジタル化は重要だ」ということはしつこいほどに言われています。しかし、ローカルニュースなど小規模のパブリッシャーにとっては簡単なことではありません。彼らにとって紙媒体の広告収入が依然大きな割合を占めており、巷で言われているほどすぐには紙媒体は無くならない、と専門家は指摘します。それでも、デジタルの世界へ進む必要はあります。

社内に専門の役職を設置する、GNIなどのサポートプログラムを活用するなど、本腰を入れてDXに取り組む必要があると筆者は述べています。

Epic Gamesがアップルとの独禁法違反訴訟で先週の判決を不服として控訴 (TechCrunch)

米国時間12日に判決が出たアップルVSエピックの裁判では、アップル側のルール改定が決定したものの、「アップルが独占企業である」というエピックの主張は退けられました。エピックCEOのティム・スウィーニー氏が「我々は戦い続ける」とツイートした通り、エピックは控訴を申し立て。今度こそ決着がつくでしょうか。

ネット上の中傷対策、侮辱罪に懲役刑導入 法制審総会で諮問へ (毎日新聞)

フェイスブックが600万人の著名人に「特例」、内部資料で発覚 (Forbes Japan)

韓国「カカオ」に独禁法調査、創業者が韓国一の富豪から転落 (Forbes Japan)

ロイターのマイケル・フリーデンバーグ社長が今年いっぱいで退任 (Talking Biz News 英文)

Facebookのメタバース「Horizon Workrooms」で「Zoom Whiteboard」が利用可能に (ITmedia)

9月15日のMIオススメ記事

ここからはMIに掲載された記事を紹介します。

アップルの有料ニュースキュレーション「Apple News+」、米雑誌上位25誌のリーチが半年で86%増【会員限定】

アップルのニュースキュレーションサービスの有料版「Apple News+」では、月額9.99ドル(米国)で世界の新聞や雑誌の有料コンテンツが読み放題となっています。Press Gazetteが発表したデータによれば、このサービスにおける米雑誌の利用が大幅に増加しているとのこと。

もちろん、アップルを経由しているため、個別にサブスクリプションを獲得する場合に比べて収益増加は期待できませんが、中には8倍以上に数字を伸ばしている雑誌もある通り、その効果は大きいと言えます。

ニューヨーク・タイムズ、子供向けアプリのベータテストを開始

ニューヨーク・タイムズは、かねてより子供向けコンテンツの充実に力を入れています。これは、将来の購読者を育成することが重要視されていることの現れです。同社の取り組みが上手くいくかどうかは、米国内外のパブリッシャーにとっても注目すべきものでしょう。

ワシントン・ポスト、ニュースレター製品「202ニュースレター」をアップデート・・・よりコンパクトに、個性を重視したニュースレターへ

フィードフォースとアナグラムが共同で広告効果計測ソリューションの導入支援サービスを提供開始・・・ポストCookie時代の広告配信の最適化・効果測定への理解を促進

SO Technologies、ネット広告の提案・運用便利ツール全機能の無償提供を開始

◆ ◆ ◆

本日はここまでです。今日も一日頑張っていきましょう!

Media Innovation Guildに登録していただければ、「Media Innovation Newsletter Daily Edition」が毎朝メールボックスに届きます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,398フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事