ヤフー、SDGsを基軸に社会課題解決に向けた取り組みを伝えるメディア「Yahoo!JAPAN SDGs」を公開

ヤフー株式会社は、22日、SDGsをテーマに社会課題の現状やその解決に向けた取り組みを伝えるメディア「Yahoo!JAPAN SDGs」を公開しました。

「Yahoo! JAPAN SDGs」トップページ(ヤフーの発表より)

「Yahoo!JAPAN SDGs」は、貧困や格差などの課題解決や環境保護などのトピックについて、課題解決に向けた取り組みや事例を伝えるメディアです。さらに、一部コンテンツについては「Yahoo!ネット基金」や、エシカル消費をテーマに人・環境・社会に配慮した商品を扱うメディアコマース「エールマーケット」など外部団体への誘導リンクを設置し、社会課題の解決に向けたユーザー自身のアクションを後押します。

また、「Yahoo!検索」内において、10月5日までの期間限定でSDGsについてわかりやすく伝えるスペシャル企画「2100 JAPAN」を開催。検索エンジン内でSDGs関連について検索すると、スペシャル企画ページにつながるバナーが表示されます。ページ内では、“SDGsが達成された2100年の世界”と“SDGsが達成されなかった2100年の世界”を動画として体験することができます。

なお、「Yahoo!JAPAN SDGs」は国連とメディアによるSDGs達成に向けた協力を推進する枠組み「SDGsメディア・コンパクト」に登録される見込みとのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,433フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger