小学館、スマホARを使った「ARタウン」をスタート・・・街のメディア化により地域の活性化を目指す

株式会社小学館プレティア・テクノロジーズ株式会社が、業務提携の一環として、最先端のAR(Augmented Reality=拡張現実)技術を使った地域活性化の取り組み「ARタウン」を開始したと発表しました。

昨今、AR技術の発達により、現実世界に様々なデジタルコンテンツを重ねて表示し、スマートフォンによってそれらの「拡張された現実」を容易に体験できるようになってきています。

小学館では、このAR技術を使えば、「街そのものをメディアとして活性化させることができるのではないか?」という仮説から、今回の「ARタウン」を構想。AR技術を使った「街のメディア化」で、「その街ならではの魅力」を伝え、「その街のファン」を増やし、ひいては地域の活性化につながることを目指すとのことです。

プレティア・テクノロジーズは、日本で唯一ARクラウドを提供するスタートアップです。現在、手軽かつ低コストで「その場所」に紐付いたARを開発できる、ARクラウドプラットフォーム「Pretia」の研究開発を推進。その技術が今回の取り組みを実現させるといいます。

「ARタウン」では、各地域に合わせて、その街の特徴に沿ったサービスを展開。「街の歴史」「観光情報」「お店のナビゲーション」から「街のクイズ」や「ARゲーム」まで、マップや情報サイトとは一味違う、場所に紐づくコンテンツを、スマートフォンを通して体験していくことができます。キャラクターと一緒に写真撮影をしたり、ユーザー同士でコミュニケーションをとることも可能です。

「AR」プロジェクトでは現在、一緒に取り組む自治体、観光協会、企業を募集中とのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,433フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger