Yahoo! JAPAN、視覚障がい者向け選挙情報サイトを公開・・・読み上げソフトで候補者情報を取得可能

ヤフー株式会社(Yahoo! JAPAN)は、視覚障がい者向けの選挙情報サイト「Yahoo! JAPAN 聞こえる選挙」を公開しました。

「Yahoo! JAPAN 聞こえる選挙」は、読み上げソフト(スクリーンリーダー)を使用して、10月31日(日)に投開票を迎える第49回衆議院議員通常選挙(以下、衆院選)の立候補者の情報などを取得できる視覚障がい者向けの選挙情報サイトです。読み上げソフトに対応した形で、全国の候補者(小選挙区の候補者857名)の選挙公報の情報を順次掲載するとのことです。

また、投開票翌日の11月1日(月)以降順次、得票数や当落結果などの情報も掲載する予定です。ページの配色は、黒い背景に白文字を使用。弱視の方にも読みやすいよう明度差をつけています。さらに、実際に読み上げソフトを使用して画面を読み上げたときの音声例も掲載。普段どのような音声で視覚障がい者の方が情報を取得しているかを知り、関心を持つきっかけとなることを目指します。

「Yahoo! JAPAN 聞こえる選挙」公開の背景

現在、視覚障がい者の方の9割以上がインターネットを利用し、その多くの方が音声による読み上げソフトを使用しています(※1)が、選挙公報はインターネットへの掲載にあたり、読み上げソフト向けに文字情報を付加することが求められていません。候補者の任意の対応に頼っている状況であるため、全国に約11万人いると言われている視覚障がい1級(※2)の方は、インターネット上の選挙公報から情報を取得することが難しいという課題があります。

「Yahoo! JAPAN 聞こえる選挙」は、この課題を解決するとともに、視覚障がい者の方の選挙情報の取得に対するハードルを無くしていくための啓発を目指したサイト。Yahoo! JAPANでは、2017年7月の東京都議会議員選挙から提供を開始しており、今回で4回目の実施となります。

※1:平成24年 障がいのある方々のインターネット等の利用に関する調査研究(総務省 情報通信政策研究所 調査研究部)
※2:平成18年身体障害児・者実態調査結果(厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課)

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,449フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【12月3日更新】メディア領域におけるブロックチェーンに関する記事まとめ

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、取引...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger