ビジネス動画編集クラウド「Video BRAIN」、動画の配信・分析機能を追加

株式会社オープンエイトが提供するビジネス動画編集「Video BRAIN(ビデオブレイン)」は、作成した動画を自社サイトなどへ表示できる配信機能と分析機能を追加しました。

「Video BRAIN」は、AIのサポートにより誰でも簡単に高品質なストーリー性のある動画を作成できるクラウドサービスです。パワーポイントを使う感覚で動画を簡単に作成することが可能で、動画コンテンツの企画・制作・配信・分析をワンストップで実行できます。今回、視聴分析を含む動画配信プラットフォームを追加。作成した動画を自社サイトなどへ表示できる配信機能と、視聴回数や平均視聴時間などを分析できる機能を利用できます。

サイトにVideo BRAIN上で発行されるHTML埋め込みタグを貼り付けるだけの簡単な操作で、動画プレイヤーをサイト上に設置でき、来訪ユーザーは再生ボタンをタップするだけで視聴できるようになります。YouTube動画の埋め込みとは異なり、広告が表示されたり関係の無い動画がリコメンド表示されることもないとのこと。

また、Video BRAIN側のセキュアな環境で動画ファイルが保存されるため、動画コンテンツを保存しておくストレージや配信サーバは必要ありません。

また、Insight BRAIN(インサイトブレイン)は、SNS分析に加えて動画の視聴分析にも対応。HTML埋め込みタグによって公開された動画や公開用URLが発行された動画での視聴回数や平均視聴時間など、動画視聴に関するKPIがリアルタイムに可視化され、分析することができます。分析情報は、CSVファイルでのエクスポートにも対応します。

配信・分析機能の活用イメージ

  • プレスリリースを動画にして公式サイトへ掲載することにより、サイト来訪者に重要なお知らせを効率よく理解してもらうことが可能です。また、HTML埋め込みタグをプレス向けのメールやメッセージで送信することで、メディア側の記事CMSに貼り付けるだけで動画をメディアサイト上で再生できるようになります(HTMLコード対応メディアに限ります)。Video BRAINでは、HTML埋め込みタグ以外にも公開用URL(動画の視聴URL)の発行にも対応。プレス側は、リンクをタップするだけで動画の視聴が可能です。
  • 採用向けHRコンテンツの掲載にも活用できます。Video BRAIN上で発行されるHTML埋め込みタグを採用サイトへ貼り付けるだけで、会社紹介動画や同じ職場で働くメンバー紹介などの動画コンテンツを何本でも簡単に採用サイトへ表示させることができます。メールなどに公開用URLを貼り付ければ、ワンタップで動画を視聴してもらうことも可能です。
  • オンラインイベントのオンデマンド配信を行いたい場合は、オンラインイベントを収録した動画をVideo BRAINへ取り込むことで、登壇映像と資料などを組み合わせたダイジェスト版を簡単に作成できます。
  • Insight BRAINの視聴分析機能により、社内向け業務マニュアルの視聴ログ計測にも対応。視聴人数などを把握でき、社内メンバーがどの程度マニュアル動画を視聴したかを把握することが可能です。マニュアルの一部を改訂したい場合は、Video BRAINで対象となる動画を再編集すれば自動的に新しい内容が反映されます。
2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,449フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【12月3日更新】メディア領域におけるブロックチェーンに関する記事まとめ

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、取引...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger