「ジャーナリストはエンジニアの隣に座っている」・・・ワシントン・ポスト編集者が語る、ジャーナリズムとテクノロジーの共存

米大手日刊紙「ワシントン・ポスト」は、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推し進め、成功している新聞のひとつです。今月初め、リスボンで開催されたテクノロジーカンファレンス Web Summitで登壇したワシントン・ポストのマネージングエディター キャット・ダウンズ・ムルダー氏が、現代のニュースメディアにおけるジャーナリズムとテクノロジーの共存について話しました

今日のジャーナリストに求められていること

ムルダー氏によれば、ワシントン・ポストには200人以上のソフトウェアエンジニアが在籍しており、同紙のeコマースやサブスクリプションプラットフォームなどあらゆるものに携わっています。驚くべきことに、ソフトウェアエンジニアやプロダクトエンジニアらは、ジャーナリストと隣同士の席に座っているといいます。

ワシントン・ポストのジャーナリストたちは単に記事を書くだけでなく、発案から最終的な読者への届け方まで、記事の「ライフサイクル全体」を理解することが求められており、そのためにはエンジニアやプロダクトチームと常に協力する必要がある、といいます。

[MMS_Paywall]

ムルダー氏は以下のように述べました。

「ジャーナリストとして必要なスキルは変わりません。変わったのは、(ジャーナリストとエンジニアの)より深いレイヤーでの協力が求められるようになったことです。」「私たちはコーディングができるジャーナリストを求めているわけではありませんが、ストーリーを見極め、その情報を魅力的な方法でパッケージ化できるジャーナリストを求めています。」

成果の測定方法とソーシャルメディアへの向き合い方

オーディエンスや記事の測定方法について、ムルダー氏は、ワシントン・ポストに属する全員が自分の関わった記事のパフォーマンスにアクセスできるようになっていると説明。そのうえで、数字そのものは目的を達成するための手段であり、他の指標も同様に重要である、としています。PV数だけでなく、記事を公開することによって何を学べたのか、オーディエンスにどのような影響を与えたのか、ということも評価基準として重要です。

ワシントン・ポストの主な収入源は購読料であることから、重要な評価基準には新規ユーザー数やニュースレターへの登録数、アプリのダウンロード数、新規購読数、継続率といった指標も含まれます。

ムルダー氏は、「チームにとっては、実際に動かせる(小さな)指標に集中することがより重要であり、(購読者数などの)大きな指標は四半期や半期の評価に委ねています。」と述べました。

また、ソーシャルメディアプラットフォームについては、大きなリーチを生み出すことができるが、収益を奪ってしまう可能性もある、と分析。プラットフォームとの関わり方を常に監視し、進化させ続ける必要性を強調しています。

「人々は情報に圧倒されている」

最後に、近い将来のメディアについて聞かれたムルダー氏は、「パーソナライゼーションの進化」と「メディアの消費方法の変化」を挙げています。特にメディア消費については、「人々は情報に圧倒されており、10分間座って記事を読めというのは、ますます難しくなっています。」と分析しており、個人の趣向に合わせた手軽なニュース体験を重視しているようです。

ワシントン・ポストは、読者へ新たなメディア体験を提供するべく、さまざまな試みを行っています。より手軽に読めるニュースの提供や、音声によるニュース提供、ファーストパーティデータの活用など、ワシントン・ポストのデジタル戦略には、世界中から注目が集まって

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,466フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ヘリテージが Pinterestに高品質の雑誌ビジュアルを提供開始

株式会社ヘリテージが、ビジュアル探索プラットフォ...

「MicroAd COMPASS」が「The Trade Desk」と提携 動画広告フォーマットの取引量を拡大へ

株式会社マイクロアドが運営する媒体社の広告収益化...

ChatGPTをリリースしたOpenAI、なぜ4兆円もの超高額な評価額がつくのか?

ChatGPTは、ユーザーからの問いかけに対して...

次世代SNSアプリ「TapNow」のサンゴテクノロジーズ、総額1億円の資金を調達

サンゴテクノロジーズ株式会社は、SBIインベスト...

関連記事