KDDI、Cookieレスの次世代型デジタル広告配信プラットフォームの提供を開始予定・・・Supershipと共同開発

KDDI株式会社Supershipホールディングス株式会社およびSupership株式会社は、顧客のライフスタイルに関連性の高い広告を、プライバシーに配慮しながら配信する次世代型のデジタル広告配信プラットフォームを共同で開発し、2022年1月から提供開始予定であると発表しました。

このプラットフォームは、Cookieや広告IDに依存しない独自の広告配信用識別子(広告配信用ID)を活用し、広告配信を高効率に行うデジタル広告配信プラットフォームです。英国・Novatiq (ノバティック) Limitedの特許技術を活用し、顧客が同意したデータのみを利用し、顧客に関連性の高い広告を配信することが可能になるとのことです。

広告配信用IDは、Webサイト・アプリなどへのアクセスごとにランダムで生成されるため、同じ広告配信用IDが顧客のPCやスマートフォンなどの端末に保存されることはなく、Webサイトやアプリを横断して顧客の行動履歴が追跡・収集されることがないといいます。

KDDIグループが顧客の同意に基づいて預かる1st Party Dataのうち、性別や年代などの属性情報を、IPアドレスをキーに広告配信用IDと紐づけて、配信する広告を決定。広告主は顧客のプライバシーに配慮しながら、一人ひとりのライフスタイルに関連性の高い情報をデジタル広告配信します。Novatiqの特許技術をベースに開発されたこのプラットフォームは、SupershipのDSP「ScaleOut」およびSSP「Ad Generation」を通じて提供されます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,449フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【12月3日更新】メディア領域におけるブロックチェーンに関する記事まとめ

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、取引...
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger