エンジニア・デザイナーの副業・複業PF「Offers」の急伸

副業・複業採用マッチングサービス「Offers(オファーズ)」が急伸を続ける。

Offersは、企業が登録ユーザーに「オファー」を送って採用する、ダイレクトリクルーティング型の採用プラットフォーム。ユーザーは、エンジニアやデザイナー等、プロダクト開発に携わる人材が中心だ。

登録時にはSNS連携に加え、ソフトウェア開発のプラットフォーム「GitHub」アカウントとも連携が可能。面倒な履歴書、職務経歴書、スキルセットの入力がいらないだけでなく、経歴を自動で書き起こしてくれる

Offers

2019年5月のα版リリース以降サービスは拡大を続け、直近1年間で累計採用決定数は5.5倍に成長。エンジニア登録数は45万人以上にのぼる。最近ではOffersでの副業・複業をきっかけに、そのまま正社員で転職するケースも増えるなど、新たな展開を見せているという。

事業拡大の背景には企業側の体制の変化もあげられる。

今年3月の調査によると、企業における正社員の副業容認率は55.0%で、2018年比で3.8pt上昇。従業員の収入補填を目的に、大企業を含めて副業を認める企業は増加傾向にある。

Offersでは11月25日より、先着でAmazonギフト券をプレゼントする経歴入力キャンペーンを開始。副業・複業に興味があるエンジニア・デザイナーの方は是非チェックしてもらいたい。

(記事提供元: 経済をシンプルに解説するStrainer)

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,453フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Strainerhttps://strainer.jp/
Strainer(ストレイナー)のMedia Innovation出張版です。Strainerは要点をシンプルに解説する経済メディアです。上場企業の決算を中心に国内外の経済ニュースをウォッチ、注目の話題を分かりやすくお届けするメディアです。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger