弁護士ドットコムの3Q業績・・・認知度向上で増収増益

弁護士ドットコムが27日に発表した2022年3月期 第3四半期の業績(2021年4月1日~2021年12月31日)は、売上高50億円(前年同期比31.4%)、営業利益8億3300万円(274.4%)、経常利益8億3900万円(271.9%)、純利益5億2000万円(367.5%)となりました(決算短信)。

メディア事業では、法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」および税務相談ポータルサイト「税理士ドットコム」等を通じたインターネットメディアの運営を行ってまいす。「弁護士ドットコム」では、ユーザーに向けた有益なコンテンツの提供やユーザビリティの向上に注力するとともに、身近な話題を弁護士が法的観点から解説するオウンドメディア「弁護士ドットコムニュース」の記事配信による認知度向上に努めました。

その結果、2021年12月における月間サイト訪問者数は1,016万人、当第3四半期会計期間末時点の会員登録弁護士数が22,044人、そのうち、弁護士支援サービスの有料会員登録弁護士数が5,171人、「弁護士ドットコム」の有料会員サービスの有料会員数が172,797人となりました。以上の結果、当第3四半期累計期間の売上高は28億3500万円、セグメント利益は11億5600万円となりました。

IT・ソリューション事業では、Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」をはじめとしたIT・ソリューションサービスの提供を行ってまいす。「クラウドサイン」では、積極的な人材採用による開発体制・営業体制の強化および各種媒体への広告出稿等を通じて、ユーザビリティの向上、認知度の向上、および顧客基盤の拡大に努めました。その結果、当第3四半期会計期間の契約送信件数は1,153,499件となりました。以上の結果、当第3四半期累計期間の売上高は21億6500万円、セグメント利益は3億900万円となりました。

※本記事は決算AIによって生成されました

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,463フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger