イード、初期投資家としてWeb3領域に特化したスタートアップ支援を行う「Arriba Studio」へ投資

株式会社イードは、初期投資家として、Web3やNFT領域の起業家を支援するファンド、アクセラレーターの「Arriba Studio PTE.LTD.」に投資しました。

Arriba Studioは、Web3/NFTに特化したスタートアップ支援を行うファンド です。ブロックチェーン技術を基盤とした新しいインターネットを提示するWeb3は、大型のベンチャーキャピタルやスタートアップが数多く誕生していますが、日本国内を見ると、法律・会計税務的な問題から大きく立ち遅れています。Arriba Studioは、Web3業界黎明期から活躍するメンバーが携わり、こうした問題を解決するために立ち上げました。

Arriba Studioでは、Web3スタートアップが発行するトークンへの投資・所有をはじめとした支援活動を行うほか、海外拠点開設、事業グロース、人材採用や組織設計、トークンエコノミクスの設計、調達やEXIT/上場などに深く関与していきます。既に、国内でブロックチェーン開発を行うdouble jump.tokyoや、「Axie Infinity」のヒットで知られるゲームギルドYGGの日本市場向けプロジェクト、YGG Japanなど複数の投資先への支援を行っています。

イードは、Web3を投資の重点領域と捉えており、Arriba Studioへの出資を決定。今回の投資を通じて、国内外の有力なWeb3スタートアップとの協業を模索していくとしています。

※Media Innovationは株式会社イードが運営しています

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

期待の新メディアスタートアップ「セマフォー」とは?【Media Innovation Weekly】7/4号

ニュースサイクルが一巡し、ニュースメディアの成長は一段落した感がありますが、2024年の大統領選挙に向けて、この領域にチャレンジしようとするスタートアップ「セマフォー」(Semafor)が注目を集めています。

NewsPicks、新編集長に泉秀一氏が就任「希望を灯すメディア」を目指す

ソーシャル経済メディア「NewsPicks」は、...

ニュースレター業界最大手サブスタック、不況の影響で14%の人員削減を実施

クリエイター経済を襲う嵐は3ヵ月か?3年か?それ...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger