敬遠されるニュースの背景・・・ロイター研究所「デジタル・ニュース・レポート2022」を読み解く(2)

前回に引き続き、オックスフォードのロイタージャーナリズム研究所(RISJ)のデジタルニュースレポートの内容をご紹介します。 
 
2022年の報告書の内容はニュースメディア関係者だけでなく調査側のRISJに大きな衝撃を与えました。それというのも、気候変動や新型コロナウィルス、ロシアのウクライナ侵攻は重要なトピックであり、ジャーナリストのモチベーションも高く、デジタル技術を積極的に取り入れ、ニュースメディアの数も増えていて業界としては拡充され、ベストな状態で仕事を取り組んでいたにも関わらず、視聴者の注目と広告費の大半はデジタルプラットフォームに流れるといった現状がありました。その上、デジタルプラットフォーム上でもクリエイターやインフルエンサー、活動家や政治家がジャーナリストと競合する形で注目を集めるという状況にあり、オンライン環境は容赦ない勝者と敗者に二分される闘いとなっているのです。 
 
更にこれまでニュースの典型的なターゲット、すなわち豊かで、高い教育を受け、特権的で、かつ中年の男性、白人というような保守的な読者像は、今回の調査で明らかな亀裂、つまり多くの一般市民とジャーナリストの間の関係にほころびができていることを明確にしました。

プロのジャーナリズムは、その専門性や豊かな経験に基づき世界を理解する道筋を提供してくれるにも関わらず、人々のニュースに対する志向は大きく変化しています。つまり、信頼度があり、高度な知識や体験から正しい知見でニュースを分析し、提供するという使命とは大きなズレが生じているのです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

前田邦宏
前田邦宏
メディアイノベーション見習いスタッフ。海外調査の最新動向を担当。分野を問わず、調べ物が好き。

関連記事