Spotifyが、虚偽情報やヘイト スピーチの特定に役立つKinzenを買収【Media Innovation Newsletter】10/6

おはようございます、Media Innovationの浜崎です。

Media Innovationでは、イノベーターズサロンの運営に力を入れています。ぜひご一緒にメディア業界全体を盛り上げていきたいと考えていますので、さまざまディスカッションができたら嬉しいです。

「Media Innovation Daily」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに、オススメ記事を紹介していきます。

10月6日の注目記事チェック

Fast Company is back online(Brendan Vaughan/Fast Company)

Fast Company は、8 日間のオフライン後にサイトをオンラインに戻し、サイバー攻撃が CMS を攻撃し、「顧客または広告主の情報は開示されなかった」と述べています。

The Nostalgic Turn in Music Writing(Ted Gioia/The Honest Broker)

音楽ジャーナリズムへの資金提供が減少するにつれて、音楽報道やファンのお気に入りの曲のノスタルジアへの傾向を見てみましょう。

In First Amendment win, Texas court opens first on-receipt queue(Bill Girdner/Courthouse News Service)

オースティンのトラビス郡地方裁判所は、ジャーナリストが電子的に提出された民事訴訟にすぐにアクセスできるようにした最初のテキサス州裁判所になりました。

As Trevor Noah Exits, Comedy Central Finds Itself in Crisis Mode(The Hollywood Reporter)

トレヴァー・ノアの衝撃的な退団後、情報筋によると、MTV エンターテインメントの CEO であるクリス・マッカーシーは、才能の育成やヒット番組よりも、利益を圧迫することに関心があるとのことです。

Spotify acquires firm that detects harmful content(Dawn Chmielewski/Reuters)

Spotify は、虚偽情報やヘイト スピーチの特定に役立つ Kinzen を買収しました。ダブリンに本拠を置く会社は、2020 年に Spotify と提携しました。当初は選挙コンテンツでした。

10月6日のMIオススメ記事

ミンカブ、ALISを完全子会社化 Web3.0時代におけるネットメディアの新たなユーザーエクスペリエンス創出を目指す

企業向けDE&Iラーニングプログラム「MASHING UP LEARN」がサービス開始

「TRILL」と「クラシル」、共同広告メニューを提供 行動データを基に効率的なターゲティングが可能に

「日経電子版」が成功した2つの理由とは?日経新聞・東氏に聞く

電通、AIでテレビ広告枠を運用する「RICH FLOW(正式版)」の提供を開始 投資対効果を最大化

◆ ◆ ◆

本日のニュースレターはここまでです。

Media Innovation Guildに登録していただければ、「Media Innovation Newsletter Daily Edition」が毎朝メールボックスに届きます。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

浜崎 正己
浜崎 正己
メディアの立ち上げと運用を支援する(株)メディアインキュベート の代表。1988年千葉県生まれ。Twitter : https://twitter.com/masaki_hamasaki

関連記事